ジョムソン街道の静かな村マルファで出会った女性と物々交換

ポカラから出発してジョムソン街道をバイクで走りムクティナートまで行った。

ジョムソン手前に『マルファ』という石畳の村がある。周りがリンゴ畑でそこらじゅうで干しリンゴが作られている静かで美しい場所だ。

荒涼とした桃源郷のような場所にポツンとある村で少し物寂しさも感じるがとても好きになってしまった。

チベットの女性と物々交換

マルファは2008年までネパールとチベットの間に存在した『ムスタン王国』というネパールの自治王国に属していた。

ムスタン王国は長い間外国人立ち入り禁止だったためチベットの文化が色濃く残っていてその為マルファにもチベット系の人たちが住んでいて村にはチベット仏教寺院もある。

 

View this post on Instagram

 

ユニクロウルトラライトダウンベストがこの人が作ったブレスレットになった。 #nepal #mustang #marpha #tibet

Kotaro Nisijimaさん(@knknknkntaro)がシェアした投稿 –

マルファは夕方から風がめちゃくちゃ強くなって10月でも寒い。ダウンが必要なくらい。

出会ったこの女性が「グズグズ~グズグズ~」と言ってくるので話してみたら物々交換がしたいと。

この地域では皆上着が欲しいらしく日本からもってきたユニクロのダウンを、この女性が作ったブレスレットに交換した。

マルファは寒いが暖かい人ばかり。また訪れたい。

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です