ネパールのストリートフード『エッグロール』(動画)同じ商売を同じ場所でするネパール人たち

ネパールには様々なストリートフードがある。サモサなんかは数十円でお腹いっぱいになれる優れものだしツォルパット(チャットパット)も食べ応えあって美味しい。

ルンビニからカトマンズに戻ってきてタメルをブラブラしていると良いにおいがする。

そこでは男がお馴染みの自転車屋台でタマゴを割ったり生地を焼いたり野菜を切ったりしていた。

ネパールローカルフード『エッグロール』は野菜がシャキシャキしていて美味しい。

生地を焼いてタマゴを焼いて、次用の生地を伸ばしながら手早く作っていく。

マヨネーズは苦手だが気にならなかった。チャットパットもそうだが野菜が入っているとシャキシャキした食感でおいしい。それに塩気があって最高だ。

ネパールにきたら是非。

しかしネパールでは同じ自転車屋台が同じ場所に沢山いる。ライバルとか意識していないのだろうか。

この時も対面で同じエッグロールを焼いている男がいて若干そっちのほうが繁盛していた。彼らは時々会話していたが何言っているかはわからなかった。

上の写真は対面のエッグローラー。

そしてここからほんの少し歩くとまた2組エッグロールを焼いているのである。こうなると焼き方のスマートさやルックスや値段が影響するだろう。

人気なエッグロールマンは人だかりができるほどだった。

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です