神津島という東京のパラダイスでナチュラリズムに過ごす

こんにちは!!予期せずしてニートになり3日経ちました。金の事を何も考えずに気づいたらネパールとインドの往復の航空券を買っていて1カ月間行くことが決定している中でのニート転身です。

つなぎで引っ越しのバイトをしようと面接に行くもロン毛だからという理由で断られました。んなもんこっちから願いさげじゃボケ。という事でまだまだ闘いは続きます。

夏好きのみなさんは今年の夏のアクティビティはどうするかお考えでしょうか?

今回は去年の夏に行った東京のパラダイスをご紹介します!!

東京都神津島村

伊豆諸島の神津島と周りの小さい無人島から成る東京都の村。別名ダイヤモンドアイランド

夏どこ行こうかと考えていた時にネットで写真を見てノリで即決しました。

  • 島である
  • 海が綺麗そう
  • 飛び込みスポットがある
  • キャンプ場が安い

これだけでワクワクが止まらない。しかもジェット船で3時間くらいで行ける。片道9760円。

調べると温泉もあるし天上山という山もあるしモリ漁ができる場所もある。カブトムシも採れそうだ。これらにサバイバル心をくすぐられ我々はジェット船へ乗り込む。

竹芝桟橋でジェット船に乗船

デッキの手すりにもたれながら海を眺め、トビウオを探したり酔ったら海に吐こうとか思っていたのですがそんな優雅な乗船ライフはできないらしいとの情報が入りました。

どうやら我々が乗る船はこの中のどれからしいのです。セブンアイランド友大漁の躍動感とスピード感、そして誰もが思うであろう北朝鮮感がハンパないです。シートベルト必須らしい。

海の上を飛ぶらしい。でも船酔いはしないとの事。ほんとうか?

それではいざ竹芝桟橋へ。我々が乗るのは4つのうちのどれなのか、、、

これは、、紛れもなく一際疾走感を醸し出していた大漁です。期待大

校長先生も言っていた「帰ってくるまでが島サバイバルです」

てことは乗船と同時に火ぶたが切って落とされるのです。

そして3時間ちょっとして到着。船酔いも全くせずに今回は無事に神津島へ到着しました。まれにナチュラルに北朝鮮に着く事もあるのであらかじめご了承ください。

台風と共にやって来た我々を歓迎する曇りゾラ。

到着してお腹が好いていたら港にあるよっちぁーれセンターの2階へ!!魚の定食がとても美味しいです。

拠点にするキャンプ場は多幸湾ファミリーキャンプ場。設営済みの5人用か8人用のテントにするか、テントも持ち込みでフリーテントサイトにするかで料金も変わりますが基本的に安い。

我々は5人だったので5人用の設営済みのテントにしました。広いしデッキとテーブルとベンチもあるし快適です。

炊事道具も全部レンタル可能。しかしスタッフのおばさんが非常に非常に不愛想でした。

島内の移動はタクシーを呼ぶか、バスにしてました。タクシーは呼ぶたびに毎回同じおっちゃんでバーベキュー用の炭を譲ってもらったりしました。

飛び込みスポット赤崎遊歩道へ

神津島のアクティビティ、飛び込みができるスポットです。島民の方達からしたら日常かもしれないけど我々には未知なる体験。それではご紹介します

遊歩道付きの遊泳スポットです。深いところも浅いところもあって魚も沢山見ることができます。

遊歩道に作られた飛び込み台でこちらは5m。5mも上から見ると案外高い。こういう飛び込み台が2か所あります(たぶん)

こっちは飛び込み台とかじゃなくてただの崖笑

展望デッキの手すりを乗り越えて進んでいくとたどり着きます。高さ10mくらい。

島民の中学生?が普通に飛んでいたのでいけるっしょ!!と崖の淵に立ってみる。

淵に立つと想像以上の高さ。しかも台風で風が強いのもあって普通に怖い笑

淵に立ってから引き下がるのもダサいしギャラリーが沢山いたので意を決して飛ぶ

滞空時間が長い。味わったことないくらい長い。このまま時が止まればいいのに

運よくどこも痛めずに着水。1発目に飛んだ奴は着水の角度が悪かったかで鼓膜が破れました笑

後で知ったのですが素人の高飛び込みは危険らしくて腰とか首が折れる可能性もあるらしいです。海ならなおさら危なそう。しかし、いつの日か我々は再び飛ぶことでしょう。

スーパーまるはん

神津島に滞在していた5日間の食料は港から歩いて10分くらいのスーパーまるはんというパチンコ屋みたいな名前のスーパーで調達していました。

神津島にはまるはんとあともう一軒くらいしかスーパーが無くてコンビニも無い。あとは小さい商店がチラホラと100円ショップのキャンドゥがあります。

ちなみに信号機は港前に一個あるだけです笑 

まるはんに売っていたあらびきソーセージまん串。つい口に出してしまうくらいのネーミングセンス。

神津島以外で見た事がない名前なのでまるはんに寄った際にはお試しあれ。

やったことは毎日上裸で海と自然を感じて飲んだくれただけ

それをするのには最高のロケーションです。

都会の夏に飽きたら是非

次は天上山に登ろう

Have a nice trip!!

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です