お香レビュー『HEM』アンチタバコ

お香レビューです。

今回はインドHEM社のアンチタバコをレビューします。

値段も上がり吸える場所も減っていっているここ最近。喫煙者にとっては肩身が狭い世の中だと思いますが僕はタバコ吸わないのでなんとも思わないです。

5年前の話だけど日本がタバコに一番緩くてアメリカとかヨーロッパはタバコ吸う人なんてほぼいないくらいに思ってたのですがイタリアに行ってみたらそこら中で歩きタバコしてるわポイ捨てするわで驚きましたね。

今はわからないけど。

タバコに含まれるニコチンは依存度がかなり強いですがニコチンに依存しやすいかどうかとうのは遺伝するらしいです。

僕は両親祖父母皆吸わないのでニコチンには依存しにくいと勝手に思っております。

『HEM』アンチタバコをレビュー

インド製は20本入り。アンチとは反対とか反なになにという意味

日本で手に入るHEMのお香はほぼ全て輸出向け製品なのでパッケージには他言語で名前が訳されています。

日本語ではそのままで『反タバコ』

HEMはお香の作りは太さとか不均一ですが中の袋はプリントの色が外パッケージと合っています。

お香自体の太さはバラバラ。折れそうなくらいのヒョロイのもある。細かいことは気にしないインドクオリティ。これがまた良さでもある。

火を着ける前の香りはHEMバニラの草っぽいハーブっぽい香りを残して甘さを抜いた感じ。そこにハッカっぽいメントールっぽい香りを足した香り。

ハーブとハッカのミックスって感じの香り。ナグチャンパとかみたいな砂糖が焦げたみたいな甘い香りもいいけどこういうスッキリ洗練された香りもいいですね。

火を着けると最初に感じたハーブっぽいハッカっぽい香りを薄っすら残してはいるけど主張のない香りになる。

日本の仏壇で使われるお線香に少しだけハーブとハッカを足したような香り。良い香りなんだけど特徴が薄い。

お香はいい意味で少しでもクセが無いとリピートしないですよね。HEMチャンダンSHASHIニムsatyaナグチャンパとか人気なのはどれもクセが強いです。

良い香りでもクセがないと忘れ去りますね。

てことでお香初心者には上記3つをとりあえず買ってみる事をおすすめします。

フェイスブックページの更新もこれからはしていくので下にスクロールしてイイねよろしくお願いします‼ネパール旅の写真等もドシドシ配信します。

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です