お香レビュー『AUROSHIKHA』レインドロップ

お香レビューです。

今回はインドのお香ブランド『AUROSHIKHA AGARBATHIES』のレインドロップをレビューします。

みなさんストレス解消ってどうしてるんですかね。僕は穏やかな心を取り戻すために10月にまたネパールに行きます。

これを機会にヨガでもマスターしようと思ってます。

ネパールに行ったらまたお香を買ってきてレビューします。今度は現地でのお香がどんな扱いなのか、使い方、売られ方等の写真も沢山撮ってきて記事にします。

そんな予告でした。

インドのお香ブランド『AUROSHIKHA』とは

南インドのポンディチェリーというところにある『シュリ・オーロビンドアシュラム』で作られているお香が『AUROSHIKHA』。

『アシュラム』とは道場のこと。人々はアシュラムで瞑想したりヨガをしたりします。ビートルズがインドを訪れた時に滞在していたリシケシにあるアシュラムは現在『ビートルズアシュラム』と呼ばれています。

『シュリ・オーロビンドアシュラム』はコルカタ出身のシュリ・オーロビンド・ゴーシュによって建てられて現在はその弟子たちによって運営されています。

公式サイトによると『AUROSHIKHA』の売り上げは100%シュリ・オーロビンドアシュラムに提供されるそうです。

このアシュラムは一般にも公開されていて滞在したりヨガしたりできるそうなので是非行きたいですね。

AUROSHIKHAは数あるインドのお香ブランドの中で唯一、国際香粧品香料協会(IFRA)に認定されていて高品質の原材料を使用しているお香みたいですね。素晴らしいです。

AUROSHIKHAのお香はパッケージがコンパクトでお洒落なのでプレゼントにもおすすめです。

お香をプレゼント。僕はしたことないですがいいと思います笑

『AUROSHIKHA』レインドロップをレビュー

インド製の10本入り。本数少ないですよね。でもHEMとかよりも1.5倍くらい高いんです。原材料が高品質だからなのですが所詮インド香。合成香料も入っているでしょう。中身はさほどHEMと変わらなかったりして。

オーロビンドアシュラム製。アシュラムでお香を作っているってどういうことなんですかね。作業場が併設されているとか?あまり想像つかないから行ってみたいです。

なぜか2重になっている袋

火を着ける前の香りはすこ~しメンソール感があるような、清潔感のあるさわやかなクールな香り。もったりした甘さとは反対の香りですね。

制汗剤の香りっぽいです。

火を着けるとあまり濃い香りはしないですが鼻が通るようなスーっとするすっきりした香りがゆっくり広がります。

AUROSHIKHAのお香は香りコテコテではなく控え目に香るので、控え目にほんのり香りが欲しい時にはおススメです。

レインドロップも驚くくらい邪魔にならない煙と香りですね。香りというか、スーっとする爽やかな空気です。

なかなか寝れなくて朝方になってきてしまって、諦めてカーテンと窓を開けた時に使いたいです。

カットのご予約はこちらから

友だち追加
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です