お香レビュー『AUROSHIKHA』イランイラン イランイランは「花の中の花」という意味

お香レビューです。

今回はインドのお香ブランド『AUROSHIKHA AGARBATHIES』のイランイランをレビューします。

AUROSHIKHAのお香はパッケージがお洒落なのでプレゼントにもおすすめですね。

毎度書いていますがAUROSHIKHAとはどんなブランドなのか説明を。

インドのお香ブランド『AUROSHIKHA』とは

南インドのポンディチェリーというところにある『シュリ・オーロビンドアシュラム』で作られているお香が『AUROSHIKHA』。

『アシュラム』とは道場のこと。人々はアシュラムで瞑想したりヨガをしたりするのです。ビートルズがインドを訪れた時に滞在していたリシケシにあるアシュラムは現在『ビートルズアシュラム』と呼ばれていますね。

『シュリ・オーロビンドアシュラム』はコルカタ出身のシュリ・オーロビンド・ゴーシュによって建てられて現在はその弟子たちによって運営されています。

公式サイトによると『AUROSHAKHA』の売り上げは100%シュリ・オーロビンドアシュラムに提供されるそうです。

このアシュラムは一般にも公開されていて滞在もできるようなのでいつか行きたいですね。

AUROSHIKHAは数あるインドのお香ブランドの中で唯一、国際香粧品香料協会(IFRA)に認定されていて高品質の原材料を使用しているお香みたいですね。素晴らしいですね。

と、こういうブランドのお香なのですが日本では見かけないですよね。本場のインドでも見かけなかったです。

ちなみにインドで一番人気のお香は『SATYA』のナグチャンパです。現地の人が言っていたので間違いないでしょう。

インドのダラムサラマクロードガンジのお店のお香コーナー。SATYAのお香が沢山あります。

インドのお香売り場はSATYAメインのところが多かったですね。こうやって大きい箱でまとめて買う人が多いのでしょう。HEMのお香は一度も見かけなかったです。

首都デリーのコンノートプレイスにあったタバコとお香の店。キオスクのようなスタンスのお店。タバコを買うかのようにお香を買っていく人が多かったです。お香はインド人の日用品なのですね。

イランイランとは「花の中の花」という意味

フィリピンやインドネシアなどが原産のイランイランノキという12メートルほどになる樹木。

「イランイラン」とはタガログ語で「花の中の花」という意味です。

イランイランの香は昔から人々を魅了していて、インドネシアの新婚カップルのベッドにはイランイランの花が置かれるという風習があったり、あのシャネルNo.5にも香料として使われています。

イランイランにはグレードがあり、それによって香りも異なり、最上級グレードのエクストラは濃厚で甘い香りがします。

イランイランの効能

  • 心を落ち着けてくれるリラックス効果
  • 不眠に効く。睡眠改善
  • 官能的な感情を高めるロマンチックな効果
  • 副交感神経を優位にして血圧を下げる。高血圧改善
  • 女性ホルモンのバランスを整える
  • スキンケアに使うと皮脂の調整になる

など

エクストラのイランイランはエッセンシャルオイルでも売っているので気軽に体感することができます

お香もいいですがエクストラのエッセンシャルオイルも試してみてください。

 

インド製の10本入り。高品質原材料しか使わないというブランドなので10本入りでもHEMなどよりも高いです。

オーロビンドアシュラム製。

袋はなぜか2重になっています。

置いておくだけでめちゃくちゃ香ってくるインド香が多い中AUROSHIKHAのお香は火を着ける前の香りも控え目なのが多い。

ハーブのような、グリーンな入浴剤のような香りがするけど強くないです。少し粘土のような素材?の香りがする。

火を着けてもやはり控え目な香り。主張が少ないからあまり気にならずにほのかに香るくらいでちょうどいいかもしれません。

香りはパウダーっぽい甘さ控えめなフローラルの香りがお線香に混じったという感じです。

仏壇にお線香と一緒に花が沢山置いてあって香りが混じっているような。

おじいちゃんの家の香りがします。

AUROSHIKHAでレビューした中でも結構いいですね。イランイラン。

控え目で落ち着く良い香りがAUROSHIKHAの良いところです。なるべく自然な高品質な材料をつかっているみたいなのでこういう香りになるんですかね。

お香と一緒にエッセンシャルオイルも使ってみるといいですね。

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です