お香レビュー『AUROSHIKHA』クローブ

お香レビューです

今回はインドのお香ブランド『AUROSHIKHA AGARBATHIES』のクローブをレビューします。

毎回書いていますが一応ブランド説明を。

『AUROSHIKHA』は日本ではなかなか見かけないブランドですね。本場のインドのお香売り場でも見かけなかったです。
ちなみにインドで一番人気のお香は『SATYA』のナグチャンパらしいです。現地の人が言っていました。

インドのダラムサラマクロードガンジのお香売り場。SATYAのお香は沢山あるけどHEMは一個もないです。てか一度も見かけなかった。輸出専用なのでしょう。

インドのお香売り場はSATYAメインのところが多かったですね。こうやって大きい箱でまとめて買う人が多いのでしょう。

首都デリーのコンノートプレイスにあったタバコとお香の店。キオスクのようなスタンスのお店。タバコを買うかのようにお香を買っていく人が多かったです。

インドのお香ブランド『AUROSHIKHA』とは

南インドのポンディチェリーというところにある『シュリ・オーロビンドアシュラム』で作られているお香が『AUROSHIKHA』。

『アシュラム』とは道場のこと。人々はアシュラムで瞑想したりヨガをしたりするのです。ビートルズがインドを訪れた時に滞在していたリシケシにあるアシュラムは現在『ビートルズアシュラム』と呼ばれていますね。

『シュリ・オーロビンドアシュラム』はコルカタ出身のシュリ・オーロビンド・ゴーシュによって建てられて現在はその弟子たちによって運営されています。

公式サイトによると『AUROSHAKHA』の売り上げは100%シュリ・オーロビンドアシュラムに提供されるそうです。

このアシュラムは一般にも公開されていて滞在もできるようなのでいつか行きたいですね。

AUROSHIKHAは数あるインドのお香ブランドの中で唯一、国際香粧品香料協会(IFRA)に認定されていて高品質の原材料を使用しているお香みたいですね。素晴らしいですね。

『AUROSHIKHA』クローブをレビュー

インド製の10本入り。10本入りだけどHEMとかよりも高い。

クローブとはなんなのでしょうか?

甘い香りのスパイス『クローブ』

クローブの木というインドネシアのモルッカ諸島原産の常緑低木からとれるつぼみを乾燥させて作られるのがスパイスとしてのクローブ

クローブの木⇧

中国では 『丁子(ちょうじ)』や『丁香(ちょうこう)』と呼ばれていて日本でも中国と同じように呼ばれたりします。

歴史は古くて、紀元前から利用されていたスパイスでインドのアーユルベーダで使われてきたり、日本でも古くからお香に使われていたようです。

クローブには『オイゲノール』という成分が含まれていてこれがゴキブリなどを寄せ付けないと言われています。クローブのお香を焚いたらゴキブリが逃げていくかもしれないですね笑

クローブはお香だけではなく紙巻タバコにも使われることがあって、クローブ生産世界一のインドネシアのタバコによく使われています。

クレテックタバコといって『ガラム』とかが有名ですね。

袋は2重になっている。

甘い香りがします。インドネシアタバコのガラムの香りですね。

非常に好き嫌いが分かれる香りと言われていますが僕は大好きな香りですね。喉に良さそうなアメを連想させます。

お香は特徴がわかりやすくて主張も強め、だけどイガイガしなくてマイルドなのが好きなのでこれは期待。

火をつけるとスパイシーで甘いホットでホカホカな香りが広がります。

ホットでホカホカって表現わかりますかね?暖かみがある香り。シナモンとかスパイス系はホカホカ感がある香りがしますね。

スパイシーだけど甘さも欲しいとか、シナモンが好きならクローブも好きだと思います。

普段クレテックたばこを吸う方にはお馴染みの香りでしょう。甘くてスパイシー。大好きです。

これとHEMのバニラを合わせて焚いてみたら甘さにほんのりスパイスが効いて良さそうだなと思いました。今度やってみます。

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です