お香レビュー『Satya』ゴールデンエラ

お香レビューです

今回はインドのお香ブランド『Satya』のゴールデンエラをレビュー

『Satya』は老舗1964年創業の『Shrinivas Sugandhalaya社』のお香ブランドでインドではとても人気です。

インドダラムサラマクロードガンジの店に並ぶSatyaのお香

この店の棚もSatyaばっかりです

バラナシからリシケシそしてダラムサラへ インドの列車はまじでうるさい

日本でもSatyaのサイババプロデュースのナグチャンパが有名で雑貨屋とかのお香コーナーには大抵置いてありますね。

『Satya』ゴールデンエラのレビュー

10本入りのインド製

古代エジプトの装飾みたいな綺麗なパッケージ

輸出用商品みたいですね

日本で売っているHEMは全部輸出用商品なのでパッケージに日本語がかいてあったりするがSatyaは書いていない。

擦りガラスのような袋

マサラタイプという半練りで、触ると少しシットリしているような粉っぽいお香

きなこをつけたポッキーみたいですね。

火を着ける前の香りはSatyaナチュラルの砂糖みたいな甘い香りとはちがって柑橘の爽やかな香りがする。

香り付きのトイレットペーパーみたいな香りでもある

Satyaはどれも砂糖みたいな香りだと思っていたのでこんなのもあるのだなと。

火を着けるとやはりナチュラルより甘くない。HEMのサンダルに似ている

Satyaはスーパーヒットとかナグチャンパが香りが強くてカラメルみたいな甘さのお香なので普段そっちを使う人はたまにゴールデンエラを使うと気分転換になりますね。

火をつけても柑橘感はすこ~しだけ残ります。

HEMの柑橘系と違ってハッキリ主張する香りのお香ではないけれど自然な感じが良いです。

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です