お香レビュー「HEM」ヘムチャンパ

お香レビューです。

今回はインド「HEM」社のヘムチャンパというお香をレビュー

ヘムというブランド名を背負っているお香ですね。

そして「チャンパ」とはなんなのでしょうか。

「ナグチャンパ」も有名ですがなんなのでしょうか。

まずはその謎に迫ります。

チャンパ、ナグチャンパとはインドオリジナルの香り

海外版ウィキペディア先生によると「ナグチャンパ」はインドオリジナルのフレグランスで、プルメリアとサンダルウッドのブレンドとのこと。

ウィキペディアでプルメリアを調べてみたらこんな事が書いてありました。⇩

プルメリアはキョウチクトウ科インドソケイ属に属する植物の一般的な名称である。通常落葉樹で、花を付ける小灌木である。17世紀のフランス植物学者であるシャルル・プリュミエにちなんで名付けられている。

赤い花のプルメリア(Plumeria rubra=インドソケイ)はニカラグアの国花である。

インドでは、赤い花のプルメリアの香りを入れた香をチャンパと呼び、ナグ・チャンパなどがある。

チャンパとはプルメリアが入ったブレンド香ということなのですね。なるほど。

他のサイトには「ナグチャンパ」とはナグの花とチャンパの花のブレンド香とか書いてあったりするけどナグの花もチャンパの花も存在しません。

今回レビューする「ヘムチャンパ」もプルメリアが入っているということですね。

「HEM」ヘムチャンパのレビュー

深い赤色のパッケージ。

マサラ香というタイプのお香で、普通のHEMのお香と違って粉っぽくてシットリしていて、ホッソイきなこ棒のようなお香です。半練りタイプと呼ばれている。

そのためか普通のHEMのお香は20本入りだけれどこの「ヘムチャンパ」は15本入りです。

ヒンドゥー教の神様らしき絵が描かれている。なんて名前だろうか

その下には「ナチュラルインセンス」との表記が。これは期待できますね。

マサラタイプだからかビニールの袋ではなく紙の袋に包まれている。

ホッソイきなこ棒のようなお香。

きなこ棒がとてもとても食べたくなります。

駄菓子屋で並べて売られていたからか、きなこ棒とセットでチョコバットも食べたくなりました。

火を着ける前の香りは精製途中の砂糖のような香りがします。

白砂糖ではなく、精製途中の色付きの砂糖。

そしてその砂糖が焦げたような香り。

とても甘い香りがする。アリが寄ってきそう。

火を着けるとカラメルのような甘い香りが。

砂糖が焦げたような甘い香り。それでいて自然な香り。キツくない。

サティヤのスーパーヒットに似ている香り。(今度レビュー予定)

マサラタイプだから火が消えやすい。

このカラメルのような甘い香りはとても心地よいです。サティヤのナグチャンパとスーパーヒットが好きな方は試してみてください。

インドではマサラタイプのお香が人気でサティヤのナグチャンパが一番人気でした。

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です