お香レビュー「HEM」プレシャスモグラ(高貴なジャスミン)

お香レビューです。

今回はインド「HEM」社からプレシャスモグラを紹介します。

HEMのお香で「プレシャス」とつく香りはいくつかあって、前にプレシャスチャンダンはレビューしました。

プレシャスとは「貴重な」「高貴な」という意味です。

いや、それよりモグラが気になりますよね。

ただでさえ滅多にお目にかかれない地中の哺乳類モグラ。

その香りとなると嗅いだことある人はほぼいないでしょう。

ちなみにモグラ科で一番大きいのがこれ⇧⇧「ロシアデスマン」で体長20㎝。

なんかキモイです。

で一番小さいのが「ヒメヒミズ」で8㎝らしいです。

僕は一回だけ地面から出てきたモグラを見たことがあります。

見かけたらちゃんと挨拶しましょう。

話がそれました

モグラはジャスミンサンバックのヒンディー語での呼び方

そう、モグラとはジャスミンの種類の一つである「ジャスミンサンバック」のヒンディー語名です。

ジャスミンサンバックはインドネシアとフィリピンの国花に指定されていて、インドや中国や東南アジアに自生しています。

ちなみに日本の国花は実は公式に定まってははいないんです。

でも桜と菊が日本代表の花と言われていますね。

日本でもおなじみのジャスミンティーはジャスミンサンバックで着香されていたりします。

ジャスミンサンバックの効能

抗うつ作用があって心を落ち着かせリラックスさせる。

不安や不眠、過呼吸などの精神面だったり神経性の疲労に効く。

などのまったりゆったりできる香りらしいです。

ジャスミンティーと一緒に使うのもありそうですね。

それではレビューします

「HEM」プレシャスモグラのレビュー

20本入りのインド製。

花が描かれているパッケージです。

踊ってます

グリーンのプリント

開封時の香りは「あ、苦手だ」と思いました

なんかケチャップの香りがするのです笑

酢の刺激を感じるあの香り。

そう、僕はお酢が大嫌いなのです。

よっちゃんイカは拷問です。

開封時の香りはまったくプレシャスじゃないです。ジャスミンティーの香りを少し感じるけどケチャップ感の主張が強いのです。

火を着けると「あれ、デニムじゃん」

SHASHIのデニム香のミルキーな香りと似ています。

ケチャップの香りは消えました。消えるなら最初から香らないでくださいねケチャップさん

デニムほど甘くない。デニムから甘さを結構減らしてジャスミンティーの香りを足した感じです。

でもハーブっぽさとかグリーン感とか爽やかさは感じない。

「ミルキー感」があるのです。

デニムの香りが好きなら気に入るかも。

でもなんかパッとしないですね。もっとすっきりしたハーブ感がある香りなら好きかも

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です