チベットのバニラのお香を焚いてみた ネパール土産におすすめ

ネパール土産にはお香がおススメ。安いし荷物にならないしなんとなく見た目とかパッケージが可愛い。物に対して『可愛い』なんて普段言わないが今言ってみた。

お香はネパールを旅していれば必ず目にするものでありネパール人にとっては日常的に使う必需品だ。

寺院に行ったらこんな感じでお香を使う。日本でも法事で線香を使うがネパールでも同じだ。

寺院の境内にあったお香立てなのか焼却炉なのかわからないが、お香を立てながらパッケージも燃やそうとするところがネパールらしくて面白い。

カトマンズのタメルにて撮影。通りを歩けば店の軒先でお香を何本も焚いてるのが見える。

チベット工芸品を扱う店の主人は折ったチベタンインセンスに息を吹きかけながら煙が商品にかかるように歩いて店内を周っていた。

 

日本ではなんとなくお洒落なアイテムの『お香』だがネパール人にとっては生活の一部。こういうのを観察しながら歩くのも面白い。

ネパールへ行った際はお香をお土産に。

チベタンインセンスのバニラは全然甘くない。

最近の自分的動向として圧倒的に健康志向。なのでお香も100%ナチュラル。

チベット伝統のお香はどれもハーブや香木で作られたナチュラルなお香だからこれもHEMみたいな安いインド香とは違って100%ナチュラル。

ヒマラヤで採った素材で手作りされているお香。

首都カトマンズにあるボダナートという寺院の横にある̪̪シチェンモナストリーというチベット仏教寺院で作られているお香は併設されているクリニックで薬として処方されている。

そのクリニックに実際行ってきたがダサインフェスティバルと被っていて開いていなかった。

そのお香はAgar31という名前で通販でも買える。

で買ってきたバニラのチベタンインセンス。カラフルな糸でまとめてある。

色が綺麗。ケミカルなお香はキツイくらいの甘い香りがするけどチベタンインセンスはどれも似たような香り。古着屋で売ってるネルシャツのような香り。

これもバニラだけどバニラ感は全然ない。ネルシャツみたい。

火を着けるとよくあるインド香の場合はオイルが燃焼して黒い煙が立ち上ったりするけどチベタンインセンスはそれが起らない。日本の寺でお馴染みの香りに似た煙が広がる。

今までチベタンインセンスもいろんな種類のを使ったことがあるがどれも似たような香りだ。これもバニラだけど正直バニラ感は全く分からなかった。

HEMのバニラなんかはケミカルでつくった香りだろうからそっちと比べたらこれくらいが自然で良いのかもしれない。

チベタンインセンスのよさは100%ナチュラルで色んなハーブが入っていること、手作りで素朴であること、香りが強すぎずリラックスできること。

ネパール旅のお土産にはチベットの人たちが日常で使っているお香をおすすめする。

ネパールやインドでの写真はInstagramに、動画はYouTubeのに投稿しているから是非見てください。

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です