ヒマラヤって生姜あるの?『ヒマラヤンジンジャー』という ナチュラルインセンスをレビュー

お香レビュー。今回はネパールで買ってきた100%ナチュラルのハンドメイドお香ブランド『スリーロータス』のヒマラヤンジンジャー。

10月は丸々一カ月ネパールで過ごした。トレッキングしたり、バイク借りて遠出したり気ままに過ごした。

ネパールは日常に宗教がある。国民の80%がヒンドゥーで10%が仏教徒だ。だから日々にお香は欠かせない。

チベット工芸品店の狭い店内で焚かれる折ったチベタンインセンス。息を吹きかけながら火力を上げて煙が商品にかかるように店内を歩きながら何かを唱えていた。

寺院を参拝する時にもお香が使われる。顔の前で先っぽを回すようにしながらお参りする。境内にはお香が売られているコーナーがある。

お香は外で使われてることが多い。街中でも店やゲストハウスの入り口のドアに数本まとめて挟んで焚かれている光景をよく見た。バスの中でも束でお香が焚かれていた。大体が安い合成香料のネパリインセンスだった。

合成香料のお香はもういいかなあ、、と思っていたから『スリーロータス』のお香には惹かれた。店員も一押しだった。

ブランド名はわからないけどパッケージに共通して書いてある『THREE LOTUS』ということにしておく。

名前からしてネパール感がすごいお香ヒマラヤンジンジャー

15本入りで100円くらい。ネパールでハンドメイドされているお香で外国人観光客向けのお香だと思う。現地の人たちはみんなケミカルなお香かチベタンインセンスを使っている。

パッケージは手触りの良い紙でできていてドライフラワーの押し花みたいなのがくっついている。パッケージがいい感じだからお土産に最適だと思う。

ピュアナチュラルインセンス

中の袋も紙。

お香はマサラタイプではなくカラっと乾いたタイプ。チベタンインセンスが芯についているみたいな感じ。で芯は赤く着色されている。

パッケージからはSATYAのマサラタイプみたいなカラメルっぽい甘い香りが香ってくるのだけど開封してみるとカラメルっぽさのなかにショウガの甘スパイシーな香りがする。生姜紅茶の砂糖多めって感じの香り。

火を着ける前の香りはかなり良い。

火を着けるとまず感じられるのはチベタンインセンスっぽい木が燃えているような香ばしい香り。嫌な焦げ臭さではなく暖かみのある香り。

パッケージからはマサラ香のような甘い香りがしたけど火を着けると甘くない。でも薄っすら甘いスパイシーな香りがする。

ショウガの香りだとは言われないとわからないかもしれないけどほんのり甘いスパイシーな暖かい香り。

ノンケミカルなだけあって香りはマイルドで部屋の中でも丁度良い。煙も少な目で燃えるのも遅い。

このシリーズ日本にも売ってたらいいのに。似たようなのはあるけど通販でもこれは無いみたい。HEMとかも良いけどノンケミカルのお香が最近は好き。

ナチュラル派な人はネパールに行ったら買ってみて。

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です