ラダックでバイクをレンタルしハイウェイや時には雪山オフロードをひた走る。

インド北部、ヒマラヤ山脈とカラコルム山脈の間にありパキスタンと中国とも接する地域ラダックをバイクで巡ってきた。

デリー空港から国内線に乗り換えラダック地方の中心都市レーに降り立つ。レーですら標高は3600メートルを超えているから到着した日に更に高い場所にあるゴンパ(寺院)を観に行ったりすると高山病になることもある。

が、僕は8カ月ほど前にネパールのアンナプルナベースキャンプで軽く高山病になっているので大丈夫だろう。ということで早朝に着いて再び寝る気にもならなかったからブラブラし小高いゴンパにも行ってきた。

ゴンパのある小高い丘から眺めたレーの街。

 

ゴンパは開いていなかった。

 

レーのメインバザール。のんびりベンチで談笑する人たち

その頭上ではためくタルチョ。青い空に映える。

メインバザールでくつろぐおじさん達。サングラスがキマッている。

ラダックにはゆったりとした時間が流れている。ここレーは想像していたよりもクラクションがうるさいがそれでものんんびりしている。なにも急ぐことはない。

カシミール人のフレンドリーダンディ。「スリナガルはいいぞ!スリナガルのほうがいいぞ!」と沢山の人に言われる。いつかは行こう。

 

さっそくバイクを調達しに行く。レーにはレンタルバイクの店が沢山あってどこでも気軽に借りることができる。インドは国際免許が使える国なのだがラダックでバイクを借りる時は必要ない場合がほとんどだと思う。店側が「必要ない」と言ってるのだ。

僕の場合は日本の免許とパスポートだけでレンタルできた。

 

アベンジャー220ストリートというバイクを借りた。カワサキのエンジンを積んでいてエリミネーターがベースになっている車両。

僕はバイクが好きで日本でも大型二輪免許を持っているがペーパーだ。インドバイクといえばロイヤルエンフィールドで500㏄の車両もあるから絶対に乗ろうと思っていたのだがレンタル料が高い。アベンジャー220が一日1000ルピーでロイヤルエンフィールドクラシック500が一日1500ルピーだった気がする。

写真家の三井昌志さんがレーでバイクを借りた時は同じアベンジャー220を一日900ルピーで借りたと言ってたからもっと安い店はあると思う。僕はHimalayanTrailsという店で借りたんだけどスタッフの緩い感じとか対応も気に入ったから3回とも全部そこで借りた。宿も経営してるらしいからレーに行く人は是非寄ってみて。

ということでアベンジャーでハイウェイ、時には雪山オフロードをひた走ってきたので記事にしていきます。動画も編集次第YouTubeにアップするから登録是非。

 

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です