モニュメントバレーの写真をナバホ族のおっさんの車で撮ってきた

3月14日のできごと
コロラド州コルテッツのRVパークで起床。7時起き。早起きです
早々にコロラドを抜け出して向かうはユタ州のモニュメントバレー。イージーライダーとかフォレストガンプをを観たことある人なら知っている景色なはず。
アメリカ横断するならイージーライダー観てから行きましょう。

この日から一年経ってから振り返った記事はこちら⇩⇩

モニュメントバレー訪問から丁度一年なので映画「フォレストガンプ」を観ながら振り返った

モニュメントバレーとは

ユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて広がる地域一帯のこと。砂漠地帯にでかい岸壁が聳え立っていて、色んな形に見えます。2億7千年前の地層が風化し浸食されて形成されていて、今も崩れたりして形が少しづつ変わっていっています。

アメリカ先住民のインディアンの部族のうちの一つであるナバホ族の自治区がユタ州南東からアリゾナ州北東、ニューメキシコ州北西部にかけて広がっていてモニュメントバレーは古くからナバホ族の居留地となっている。

メキシカンハットロックへ向かう

それではモニュメントバレーへ向かいます。コルテッツからは2時間ほどの道のり。まずは途中にあるメキシカンハットロックへ。

1時間半ほど走ると見えてきます

p1070674

この後ろに見えるバトルドロイドみたいな岩がメキシカンハットロックです

ユタ州の最南部。メキシカンハットという小さい町がすぐ近くにあってナバホ族の方たちが暮らしています。

ガイドブックでハットロックの写真を見ていた時、「上の岩落そうぜ」とか言ってたけど行ってみたら思ってたよりデカかったです笑
写真だとデカさが伝わらないけど落とすなんて無理です

 

DCIM100GOPRO

ハットロックの麓にキャンピングカーを停めて少しでも近くに行こうと、歩いて斜面を登る。こんな岩が沢山あったりしてハットロックまでは麓から見るより距離があります。近くまで行くとさらに崖になっていて無理でした

p1070675

登っている途中からの景色。停めているキャンピングカーが見えます

疲れたので麓のキャンピングカーで買っておいた冷凍ピザを解凍して休憩。冷凍食品は買っておくと良いです。

ハットロックからモニュメントバレーへ

出発して走っていると見えてきます。

p1070680

フォレストガンプが走っていた道。目の前にモニュメントバレーが広がっています。パンフレットの表紙とかになっている景色です。

 

DCIM100GOPRO

相変わらず車はぜんぜん通らない。野ウサギがいます。遠くに見えているのがモニュメントバレー。あと少し

 

そしてモニュメントバレーのビジターセンターに到着。ナバホ族のガイドが運転しながら回ってくれるというのでお願いした。一人50ドル。高い

img_4740

こういう車のツアーもあるけど僕らが乗せてもらったのは普通の車。ガイドはナバホ族のデイビッド。1ミリも笑わない男。
見どころスポットを回って、車を降りて解説しながらの1時間くらいのツアー。乗っているのは僕ら3人だけ。

p1070684

見どころスポットで解説してくれます。象みたいな丘

p1070683

頼まなくても写真撮ってくれます。右後ろは巨人の手らしい

img_8104

これまた頼んでないのにパノラマ撮影までしてくれました。合成写真みたい

p1070686

見ていると顔文字に見えてくる巨大な岩山

p1070693

一番左が巨人のブーツ。写真だと高さが伝わらない、、

p1070694

間から、遠くにも見えています

p1070697 p1070698

広大すぎるナバホ族の居留地。この景色の中にポツンとナバホ族の方の家があって寂しげでした。

ツアーは1時間チョイくらいで50ドル。でも実際にモニュメントバレーに住んでいるナバホ族の方に案内してもらえて解説もしてもらえるので参加すると良いです。自分たちの車を乗り入れて運転するのも可能みたいです

 

そしてこの日はモニュメントバレーの本当にすぐ隣のRVパークへ

モニュメントバレーがいい感じで見えるRVパークなので早起きして朝日を拝みます。

コンロ付きだったのでBBQ。ここから先は毎日BBQです

img_1149

コンロがあるRVパークには薪とか炭とか着火剤が売っているので先を考えて多めに買っておくとよいです

次回、スケールのデカいスポットに2か所行きます

カットのご予約はこちらから

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です