陣馬山から高尾山への奥高尾縦走はバラエティ満載のコースです

どうも。山好きとか言っておきながら装備は何も持っていない妄想ハイカーです。青春小説を読んで妄想に浸るのも好きです。
そんなド初心者の僕が陣馬山から高尾山までの奥高尾縦走と呼ばれるコースをさまよってきたので紹介いたします‼

陣馬山

高尾駅から陣馬高原下行きのバスで終点の陣馬高原下へ。35分ほどバスに乗ります。

今回歩くコースは全長19kmほどで7時間ほどかかるとのことなので8時34分のバスに乗る。1時間に1本しかないので時刻表のチェックを忘れずに

そして9時15分にスタート

バス停の奥の道を進んでいく。しばらくこのただの坂道を歩く。

左側に登山道が出現するのでコンクリートロードに別れを告げる。

登山道をちょっと歩くと看板が。おいおいもう山頂かよ楽勝だな

と思いきや

ここから同じ景色がしばらく続く。生えている木が同じで木以外に見える景色が無い。さらには道もバラエティ性が無い。しかし上を見てみると、、

綺麗だったりするので同じ光景に飽きたら上を見ませう。

しかしこんな道が20分くらい続く。

やっと木が開けて景色が変わってくる。お、これはもしや頂上もうちょいか?

しかし、

こんな道が続きます。勘弁してください陣馬さん。先は長いのです

またか。また山頂詐欺か。騙されんわ。何いい感じに光浴びてんだ

おいまたかよ‼無駄に姿勢が良いな

ん?なんだもうちょいか。あと0.4ケルビンか。

そして、、

10時29分あっさりと山頂へ。

空の色もあってか非常に薄気味悪い馬。

一説によれば像のてっぺんを山頂に設定して標高を稼ぐ為に建てられたという、、

山頂からは富士山が見えるのですが雲でほぼ隠れていました残念

そして陣馬山に別れを告げる

景信山を経由して高尾山へ

休憩して11時頃に高尾山山頂を目指して出発。景信山山頂を経由して行くコース。

でも歩き疲れたので光になってワープしました。ジュワッ

ワープは失敗しやはり歩くことに。関東ふれあいの道です。高尾山口まで14km

のんびりとした道が続く。このまま続いていくことを願う。

スキバサミでスッカスカにされた髪の毛。ベテラン美容師でもめちゃくちゃなスキ方をしてスッカスカにしている美容師が沢山います。

とそんなこんなで、、

13時10分景信山山頂へ

陣馬山よりも景色と居心地が良い

関東平野。たぶん右側は雨

休憩して13時40分に出発。

このあたりから今まで見かけなかったなんとなくミスマッチな植物や木が出現。

おそらく景信山の大道具係が設置した物だと思われる。

これなんかもそうだ。ハワイ好きの監督の遊び心が感じられる。

この写真を撮ろうとしゃがんだ時に左側が膝神になった。以降しばらく痛みが続く

早口言葉。漢字が読めないながらも、今なお挑戦者が絶えない

いつの間にか小仏城山の山頂へ。天日干しにして作られたドライモアイ像がイースター島から届いていました。

そして15時20分高尾山山頂へ。相変わらず山頂感が無い。

コーヒーしばいてから1号路で下山。16時40分高尾山口駅に到着

7時間かかりました笑

体力の無い僕には割としんどかったです。なんせ長い。

でもバラエティ感満載のコースでした。色々文句を言いながらのんびりと歩くのがおススメです。でも時間がかかるので高尾駅から8時34分か7時34分のバスで陣馬山へ向かった方が良いです。

疲れたけど面白いコースではあります。

それではありがとうございました‼

カットのご予約はこちらから

友だち追加
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です