箱根の金時山登山 初心者でも登れるアクション性のある山

新年あけましたので、おめでとうございました!!ということで2017年初のアクティビティです。
アメリカ横断の記事は次回にして今回は登山記を、、
このブログではこれから登山記も書いていこうと思っています
初心者ですが今年は沢山の山に登ろうと思っています。第一弾は日本三百名山の金時山へ

まずは準備から

僕は自然が好き、色んな所へ行きたい、汗をかきたい運動したい、という理由と思いつきで山登りを始めようと思いました。運動であると同時に観光もするので下調べは大事です。山は登山コースがいくつかある場合が多いのでどのコースを行けば何を見られるのか、何ができるのか調べておくと良いです。

心の準備という事で登山小説を読んで高まりましょう
僕は新田次郎さんの孤高の人を読んでました。準備というか、関係ないですけど面白いです。山に興味を持ち始めた方は是非
段々と引き込まれていって一気に読んでしまいます

漫画もあります

装備は難しい山でなければ普通に長袖長ズボンとスニーカーで行けます。今回の金時山はジーンズにティンバーランドで行きました。なんとなくです。これから靴も用意しようと思います。レイザーラモンHGくらいの短パンのおじさんとかもいました。

金時山

神奈川県の南足柄市と箱根町と静岡県小山町の境に位置する標高1212.5mの山。日本三百名山の一つ。
三百名山とは日本山岳会が1978年に選定したもので、「品格」「歴史」「個性」が基準らしいです。
童謡の金太郎の山であり、山頂の傾斜が急で遠くから見るとイノシシの鼻に見えるから猪鼻嶽という別名があります、、

まずは小田原駅から箱根登山鉄道で箱根湯本駅へ。新宿からロマンスカー一本でも湯本まで行けます。この日1月3日は箱根駅伝の復路の日だったので大勢のギャラリーが。

箱根登山バスの桃源台線 桃源台 箱根行に30分か40分くらい乗って仙石で下車。降りたら真っ直ぐ15分ほど歩いて行くと金時神社が。金時神社から登るルートの登山口があります。車で行きたい!!という方は金時神社の近くに駐車場があるので利用できるそうです。

今回は金時神社を通り過ぎてそのまま歩いて行きます。するとimg_1342

乙女峠を経由する登山口が。ここから登ります。時間は11時40分。このルートにしたのは歩いてる時の景色が良いと聞いたので。

img_1343

スタートは階段になっています。

img_3067

階段を過ぎると、高い木で日影になっていて広い道になります。自然はいいなぁ思うのもつかのま、、

img_1345

その後はしばらく岩だらけの道が続きます。しばらくずっと日影がありません。帽子とサングラスがあると良いです。ここでもうしんどくなってきました笑 さすが運動不足。

img_1348

しばらくは道と景色が変わらないですが安心してください。変わります。あと、この道の岩の上にはちょいちょい恐山みたいな感じで石が積まれていました

img_1355

スタートから30分。乙女峠へ到着。登山口の看板には40分とありましたが休憩を挟みつつ進んでもちょい早く着きました。

img_1357

乙女峠です

img_1359

なんかよくわからない建物がある

img_1362

さぞかし良い眺めだろうなあと上がってみると、、

img_1360

そうでもない。

img_1365

が、休憩所からの景色は綺麗。看板にはここから頂上まで50分とあります

img_1369

またしても階段がつづく。右側には芦ノ湖が見えるようになってきます。だんだん地面がぬかるんできて、ちょいちょい雪が残っているところが増えてくる。

img_1375

長尾山山頂。12時38分。ここを過ぎると下りになってそれからまた上がってのアップダウンが激しくなります。つかまる用のロープとチェーンが設置されるようになってきます。カメラを首から下げていたのですが邪魔なのでしまいました。両手を空けておきましょう

img_1382

右側には金時山の山頂が見える。売店の建物が見えます。

img_1389

足場の悪い下りが続く。鎖や岩につかまりながら降りないと滑るので両手は空けておく。手に持っていた上着は暑いけど着ました。

img_1392

ついに左側には富士山が。雲が邪魔でちゃんとは見えなかったけど歩きながら富士山が見られます。

img_1396

右側には芦ノ湖も。両側の景色が楽しめるのが最高です。

img_1405

分かりづらいけど結構急でめっちゃ滑る。ロープを使って登る。ここからまだまだだと思っていたら、、

img_1412

あっさり山頂でした13時15分到着。

img_1426

やはり雲がある。いやむしろ良い感じかも。

山頂には茶屋が2軒あって手前の方のおかみさんのおばあさんがうるさかったです。なので奥の金太郎茶屋でそばと甘酒を頼んで休憩して14時に下山。下山ルートは乙女峠経由ではなく金太郎茶屋の方から下山。休憩しながらでも1時間で登山口に到着しました。

  • 休憩しながらでも登り1時間半、下山1時間と、思っていたより時間がかからなかった。
  • 後半はアップダウンがはげしくてロープやチェーンを使ったりするから変化が多くて楽しい。
  • なんといっても景色が綺麗。しかも両側。

なので、高尾山とか行ってみてもっと山登りたいと思った方や僕みたいな初心者でも全然平気で登れます。

次も関東の山どこか登ります

カットのご予約はこちらから

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です