映画「最高の人生のはじめ方」の感想 内容とタイトルが合ってない

「最高の人生の」で始まる映画は何本かありますが、この「最高の人生のはじめ方」が一発目です。

2012年公開のアメリカ映画。モーガンフリーマン主演

監督はスタンドバイミーの監督でもあるロブライナーです

「最高の人生のはじめ方」のあらすじ

モーガンフリーマン演じるモンテは西部小説作家。

6年前に妻を亡くしてからは執筆意欲を失い酒ばっかり飲んでいるようになった。

彼を心配した甥は、ミシガン州の湖畔にある知人の家を「夏の間犬の世話をする」という条件で借りて、休養させるため嫌がるモンテをそこへ連れてくる。

隣には夫と離婚してニューヨークから越してきたシャーロットと3人の娘が住んでいる。

ニューヨークに戻りたがっている長女のウィロー

好奇心旺盛で冒険が大好きな次女のフィン。9歳半

父親が恋しい三女のフローラ。もうすぐ7歳

次女フィンはやってきたモンテに興味津々。モンテは車椅子生活なのだ

挨拶に来たシャーロットとフローラにモンテは最初は友好的ではない態度を示す。

近所の住人が亡くなり追悼パーティに参加するモンテ。そこにやってきた次女フィンは小説家である彼と交流しすぐに彼の影響を受ける。

そして、お話の作り方を教えて欲しいと頼んで、その日から毎日「授業」が行われることに

フィンは古本屋でモンテの書いた小説を買う。しかし最後のページは破れていた。

三人の娘の母親であるシャーロットに夕食に招待されたモンテ。最初こそ友好的ではなかったがそこから美人なシャーロットに惹かれていく、、

はたしてフィンはモンテの小説の最後のページを読めるのか

自分を慕うフィンやその母親で美人なシャーロット達との交流を通して変わっていく、人生を取り戻していくというストーリー

「最高の人生のはじめ方」の感想

観る前にストーリーの設定を見てグラントリノのクリントイーストウッド並みの頑固オヤジが交流を通して段々と人間味とか優しさとかを取り戻して楽しんでいく。みたいな感じだと思っていたのだけど全然頑固じゃなくてアレ?って感じだった。

酒浸りっていう設定だけどほとんどそんなシーンが無いし、シャーロットとのファーストコンタクトでは冷たい態度だったのが夕食に招待されるとすぐに楽しそうにしてて歌まで歌っていて「最高の人生のはじめ方」というタイトルの割には始まりが普通すぎると思いました。

交流を通して人生を取り戻していくとあるけどあまり変化が無い。最初から幸せそうである。グラントリノのあの変わっていく感じとは全然違う。

そもそもグラントリノみたいな映画ではないのだけれどタイトルと説明文からてっきり変化のふり幅が凄いのかと、180度変わるみたいな感じだと思っていたので。

いやでも改めてジャケを見てみるとモーガンさん、頑固さのかけらも無いお顔をされております。

ほら。登場人物全員幸せそうです笑

あと、長女のウィローとモンテは特に交流してないのに最後モンテが現れた時にめっちゃ喜んでてハグまでしててアレ?手のひら返し?って思いました笑

でも、おじいさんと子どもたちとの心温まる交流ストーリーで、単純に良い話だし飽きないで観れるしそこは良いと思いました。

めでたしめでたしっていう言葉が合う映画です

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です