Netflixオリジナルドラマ「野武士のグルメ」第一話を観た。圧倒的飯テロとビールテロ

久住昌之原作、土屋しげる作画の漫画「野武士のグルメ」がNetflixオリジナルのドラマになりました。

2017年3月17日よりシーズン1の12エピソードの配信が始まったのでさっそく観ました

圧倒的な飯テロと幸福感。そして第一話はビールが飲みたくなること間違いなし。

お気に入りのビールを用意して観るのはいかがでしょうか?

それではキャスト紹介からどうぞ

Netflixオリジナルドラマ「野武士のグルメ」キャスト

 

竹中直人

香住武役。

60歳の定年退職した元サラリーマンで酒好き。

武将が好きで「戦国野武士伝」という小説を読んでいる。

 

野武士役は玉山鉄二。

竹中直人演じる元サラリーマン武の分身。

武の内に秘めるワイルドさが現れたもの。

分身なのでもちろん酒好き。

雇われ武士ではなく野武士なので自由奔放

そして竹中演じる武の妻の香住静子役に鈴木保奈美が出演。

この3人がメインで各エピソードにゲストが登場します。

Netflixオリジナル「野武士のグルメ」第一話「定食屋の昼ビール」のあらすじ

武は朝目を覚まして時計を見て慌ててスーツに着替える。「なんで起こしてくれないんだよ!」と

妻は「やっと寝坊できるって言ってたじゃん」

そう武は定年退職したのである。

ゆっくりと本を読んだあと出かける武。

しかし出かけるあてもない。

「駅に通じるこの公園をこんなにゆっくり歩くのは初めてだ」

毎朝通っていた習慣でつい駅に行ってしまう武。するといつも通っていた道に定食屋を見つける。

毎日通っていたのに意識していなかった店。

「もう社食は無いんだ、、」と心の中でつぶやきながらその店に入る。

昔ながらの定食屋。サラリーマンや土方風の男達が定食を食べている。

厨房では鮭を焼き、ハンバーグを焼いている。圧倒的飯テロである。

武は「なすピーマン豚肉辛味噌炒め定食」と「きゅうりの糠漬け」を頼む。ご飯少なめで

壁に貼られているビール冷えてますを見て葛藤する武。

「平日の昼間から酒はなあ、、」

しかし「平日も休日も関係ないじゃないか!」と気づく定年後の武だったがどうしても後ろめたさがある。

「もし俺が野武士だったら堂々としていられるだろうに、、」

と心の中で呟くと店のドアから野武士(玉山鉄二)が一人入ってくる。笑

刀をテーブルに置いて席に座る野武士。

「おかみ、酒じゃ」と野武士が言うとさっきまでふつうの恰好をしていた定食屋のおかみが着物を着て出てくる。

店内の客もサラリーマンたちだったのが全員武士になっているではないか

美味そうに酒を飲む野武士に「昼間から酒とはいい気だな」とつっかかる店内の武士。

「昼に飲むほど美味い酒はない。それができないなんて雇われ武士はつらいな」と返す野武士。

逆上し刀を抜く武士たちを気迫で退散させ、漬物を美味そうに食べる。

その光景をワクワク顔で見ていた武はふと我に返り「あれこそが俺のあるべき姿だ!」と心の中でつぶやきビールを注文する。

「野武士のような男を目指す!」と誓いビールを注ぐ。

圧倒的ビールテロである。

光輝くビールがグラスに注がれる。絶対に飲みたくなるはず。

そして豚肉とピーマンを炒めナスを炒め、味噌を絡める。

圧倒的飯テロ

そして嬉しそうに食事をする武の幸福感満載シーン。

ビールをお代わりして帰宅。

「俺はやったぞ!やったんだ!人生初の昼ビール」

帰り道偶然会った妻の静子と一緒に帰宅

「俺の人生まだまだこれからだ!!」

Netflixオリジナル「野武士のグルメ」の」感想

定食屋に行きたくなりました。

鮭焼いてるシーンはすっごい美味しそうだと思ったんですけど食べてるシーンを観たら「あれ、小さくない?」と思いましたね笑

お会計のシーンんで「750円ね!」と言っていたけど毎日昼飯に750円は高いですね。

月単位で考えたら500円でも高いと思ってしまいます。

でも毎日昼飯にこういう定食が食べれてビールも飲めたら幸せですね。

このドラマは1エピソード20分弱なので観やすいです。

こういうストーリーが無いようなドラマが好きです。

竹中直人の幸福感溢れる演技が大好きです。

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です