ネパール人のおっさんに大麻の種を託された。「オランダの奴は靴下に隠して喜んで持って帰ったぞ」

みなさんは甘党ですか?辛党ですか?

僕は辛い食べ物は好きだけど舌が痛くてあんまり食べられません

甘い物は好きだけど甘い飲み物は嫌いです。

なのでよくわからないけど甘党にしておきます。

辛いの大好き!!って人の食卓にはなにかしらのスパイスが置かれていることでしょう。

一味唐辛子だったり七味唐辛子だったり、そして沖縄のコーレーグースなんてあったら最高ですね。僕はコーレーグースは好きなのです。

例にあげたお馴染みの香辛料『七味唐辛子』ですがどんなスパイスで構成されているか知ってますか?

 

七味唐辛子の構成員たち

主原料の唐辛子に各種の副原料を加えることで、風味をつけるとともに辛味をほどよく抑えている。調合に用いる副原料は生産者によって異なるが、以下がよく使用される。

  • の実(おのみ、あさのみ)
  • 紫蘇(しそ)
  • 海苔(のり)

なお、ケシと麻の実は加熱による発芽防止処置が施されているがたまに加熱が不十分な物が混ざっていることがあり、実際に種子を取り出して栽培し摘発された事例も存在する。

ウィキペディア先生より

そうなのです。お馴染みの七味唐辛子にはケシの実と麻の種が入っているのです。

ケシの実からはアヘンが作られる。

こんなに身近に種があるのですね。

加熱処理されてないものは栽培可能です。でもダメですよ

 

ネパール人のおっさんから託された大麻の種

ネパールのゆったりとしたリゾート地ポカラの山にて

マリファナをペーパーで巻いて吸おうとしたおっさんがハサミで丁寧に茎や不要な部分を切ったりしていた時に出てきたのがこの種たち。

作業風景

「ネパールのマリファナはとても良いんだ。日本に持って帰って育てなよ」

いや、空港でバレないんすか!?

「大丈夫だ。この前オランダ人にあげたら喜んで靴下の中に入れて持って帰ってたよ」

大麻の種は空を飛び世界各地に運ばれているようです

 

大麻取締法での扱い

海外からの種子の持ち込みは禁止で、栽培予備ということで捕まる場合もあります。

売買目的なら麻薬特例法です。

なので少量はバレないからといって持ち込みするのはやめましょう。

ちなみに僕は帰りの飛行機のトランジェットがマレーシアで、マレーシアでの麻薬所持は無期懲役か死刑なのでビビッて捨てました。

ネパールのマリファナ事情を知りたい方はコチラをどうぞ!⇩

ネパールの大麻事情 20年毎日吸ってるマリファナ大好きな人に色々聞いて見せてもらった

気軽に大麻感を楽しむにはコチラをどうぞ⇩

お香レビュー「HEM」カンナビス(大麻)

お香レビュー「Tulasi」カンナビス(大麻)

お香レビュー「flute」カンナビス(大麻のお香)

 

 

カットのご予約はこちらから

友だち追加
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です