関西特有の夏のドリンク『ひやしあめ』を飲んでみた

関西には関東では見かけない飲み物がある。

これだ

関西では夏の定番ドリンクとして昔から愛されている『ひやしあめ』

しかし関西と中国四国の一部以外では普及していない。僕は関東では見たことない。

関西に滞在している期間で関西限定感のあるものには色々手を出してきました。

神戸では白あん入りのメロン型のパンを『メロンパン』と呼ぶらしい

関西特有の白あん入りの微妙なメロンパンだったり、

しかし今回の『ひやしあめ』は期待大です。

老若男女が「夏はやっぱりこれやろ」と言って愛用している国民的いや関西民的飲料です

暑い季節は甘い飲み物が好まれるというのはどこも一緒なのですね。

インドなんて乾季は45度くらいまで気温があがるからみんな大量の砂糖を消費している。暑い国はどこも同じで砂糖山盛りを飲み物にいれる。

砂糖は身体を冷やしますからね。

でもアクエリアスとかはヤバいですよ。⇩

「やっぱアクエリアスってうまいな~」子どもの時に耳にした忘れられない言葉。 アクエリアスなんて飲まない方が良い

 

まずは『ひやしあめ』ってなんなの?からどうぞ

『ひやしあめ』ってどんな飲み物?

ものすごく簡単につくれる飲み物

お湯に水あめを溶かしてショウガを絞ったものを冷やしたら完成。

冷やさないものは『あめゆ』と呼ばれて冬に飲まれています。

冷たいか暖かいかで名前が変わって、季節で切り替わるのですね。

自動販売機やスーパーの他にお祭りの屋台とかでも出されています。

『ひやしあめ』の歴史

江戸時代 水あめを湯で溶いた『あめゆ』が普及

明治中期 製氷技術が発達して『ひやしあめ』が広まる

太平洋戦争 関東への空襲で当時は関東地域まで広がっていた生産工場が廃業する

70年代にサンガリアが缶入りひやしあめを発売。以来現在まで愛され続けているロングセラーに

 

『ひやしあめ』は関東にも進出していたけど一旦消えてから復活はしなかったのですね。

現在の関西では『ひやしあめ』をそのまま飲むだけでなくお酒で割ったり、なにかにかけたりと様々な楽しみ方で愛用されています。

実際に飲んでみた

今回飲んだのはこれ。

先ほども書いたサンガリアのロングセラー『缶入りひやしあめ』です

これの暖かいバージョン『缶入りあめゆ』もあります

こんな感じで普通に売っています

水あめ 砂糖 ショウガ ハチミツ モルトエキス 食塩 香料

という構成

シンプルですね。

冬は温めて『あめゆ』にしてくださいとのことです。

飲んでみた感想

思ってたより甘くない。『水あめ』だからねちゃねちゃしてそうなイメージだけどサラサラしてる。

サラッサラ。水じゃんこれってくらい。

薄味でショウガ風味のさっぱりした水

自分で作るならもっと濃い味にすることでしょう。インド人が砂糖山盛り追加するレベルで甘さ控えめです。

でもこれが自動販売機に並んでいたらついつい買ってしまいますね。

歴史のあるものにはなぜか惹かれてしまうものです。

たしかに暑い夏にはこのさっぱり感が丁度良いです。

ショウガが入っているから温めたら体ポカポカですね。冷え症に効きそうです。

そういえばショウガって加温しないと身体を温めてくれないんですよ。

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です