インドのアーグラー名物「ペーター」って知ってますか?

おじさ~んクララ~廃寺~おやつの時間よ~~~

今日は何かなー

ババーン!!

なんだこれ?トイレの消臭元?

パクっ

シャリっ

ジュクジュクっ

ジュンジュワ~~~

インドのアーグラーでめちゃくちゃ必死に客引きしてたオンボロリキシャードライバーのおじいちゃんに教えてもらった「ペーター」

アーグラー

それはインドの超有名観光スポットであり世界遺産でありお墓である「タージマハル」があるだけがとりえと言いたいくらい僕は嫌いな街で、何よりクソガキが多く初めて「インド人ぶっとばす」と温厚中の温厚の僕に思わしめたくだらない街である。

そんな退屈なアーグラーをトボトボと歩いていたらヨボヨボのリキシャードライバーのおっさんが乗ってくれ乗ってくれとしつこい。暇だったし破格の安さだったので乗り込んだ。

ちなみにリキシャーとはオートリキシャーとサイクルリキシャーの2種類あって、オートリキシャーはちゃっちい3輪自動車で、サイクルリキシャーは3輪自転車の後ろに2人用くらいの大きさのイスがついているもの。

日本の人力車が名前の由来である。

かつては流しのリキシャーマンとして全インドを股にかけまくり、数々の交通渋滞を解決して回り、ボリウッドデビューの話まで来た僕です。(これがオートリキシャー)

これは綺麗なオートリキシャーですが、僕を乗せたのは競歩の方が速いのではないかと思うほどの遅さを誇る超オンボロ。

それを操るヨボヨボのおじいちゃんが言った。

「ペーターって知ってっか?」

アーグラー名物の「ペーター」

なんだそれは!!と問うと

スイーツだとおっしゃった。

またか。また砂糖か。勘弁してくれよ。

アイスコーヒーブラックでって言っても黒い砂糖水みたいなのが出てくるのがインド。

ホットドリンクには砂糖を何杯も何杯も入れてそれを1日数回飲むインド人。

まあ暇だし、ペーターっていう名前に惹かれたからペーター屋に連れて行ってもらった。

たどり着いたのは結構大きいお店。

いったいペーターってなんだ!?店内はどうなっているんだ!?

ドアを開けて入ると

 

広いのに売り場ちっっさい

スペースの無駄づかい

もっとがんばれよ。

そしてこれがペーター

この箱がずっしり重い。

砂糖がやばい。

色々種類があったけどこれはノーマルペーターって言っていた

冬瓜を切って細い穴を沢山空けて、シロップに付け込んだお菓子

氷砂糖みたいな見た目。

パクっ

シャリっ

ジュクジュクっ

ジュンジュワ~~~

甘すぎ。

ドライフルーツの繊維の隅々全部にあま~いシロップが染みわたり、周りを砂糖で固めたという表現が一番わかりやすい。

甘党でドライフルーツ好きは好きだと思うけど食べ過ぎ注意。

アーグラー名物のペーター。

アーグラーに言ったら食べてみると面白いけど、食べるためにアーグラーに行く必要はない

僕はアーグラーには二度と行かない。

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です