お香レビュー

ここからお気に入りの香りを探せます。

 

お香ブランド一覧

HEM(インド)

日本の雑貨屋でも見かけるお馴染みのお香ブランドHEM。

1983年創業のブランドで、現在は世界70ヵ国以上にお香を輸出しているビッグブランドです。日本では『プレシャスチャンダン』が一番人気で有名でしょう。僕はHEMならバニラが好きです。

 

Satya(インド)

『Satya』は1964年創業の『Shrinivas Sugandhalaya社』の老舗ブランドでインドナンバーワンシェアを誇るお香ブランド。そして世界的にも有名なブランド。

日本でも人気の青いパッケージの『ナグチャンパ』などでお馴染みのブランド

 

SHASHI(インド)

『SHASHI』社は1960年創業の老舗メーカー。日本ではデニム香以外はあまり知られていないですが実は沢山のフレーバーがあります。

 

bic(インド)

『ヒマラヤ』というお香が一番有名。メーカーの詳細は調査中

 

 

darshan(インド)

HEMと同じ6角形のパッケージのお香。日本の雑貨屋でも見かけるが有名な香りは無い。ホームページあり

 

 

flute(インド)

その名の通り笛がモチーフになっているお香ブランド

 

 

 

Tulasi(インド)

1945年に家族で始めた小さなお香ブランドが始まり。

現在は世界45ヵ国にお香を輸出しています。

 

 

 

 

     AUROSHIKHA(インド)

南インドのポンディチェリーというところにある『シュリ・オーロビンドアシュラム』で作られているお香が『AUROSHIKHA』です。

公式サイトによると『AUROSHAKHA』の売り上げは100%シュリ・オーロビンドアシュラムに提供されるそうです。

このアシュラムは一般にも公開されていて滞在もできるようなのでいつか行こうと思います。

AUROSHIKHAは沢山あるインドのお香ブランドの中では唯一、国際香粧品香料協会(IFRA)に認定されていて、高品質の原材料を使用しているお香だそうです。

 

 

YING-YANG(ネパール?)

自然派のお香ブランド

 

 

 

ORKAY FRAGRANCE(ネパール)

ネパール旅中にカトマンズのお香ショップで見つけたお香ブランド。詳細は調査中

「ナチュラルでハンドメイドだ」と言っていたので購入した

 

 

GONESH(アメリカ)

第一次世界大戦後の1923年にヒンズーインセンスカンパニーという小さなお香会社からスタートした世界中で人気のお香ブランド

1960年代にGENIECO社に社名を変更。そして1965年にお香ブランド「GONESH」が誕生した。

ブランド名はインドの学問と金運の神「ガネーシャ」からつけられた。使う人に幸運が訪れるようにということらしい。