お香レビュー『SANLA TRADING』モーニングデュー

お香レビューです。

今回はマレーシアのお香ブランドSANLA TRADINGのモーニングデューをレビューします。

SANLA TRADINGは同じくマレーシアのブランドであるTHURGA’Sとパッケージやお香の形状、芯の色がそっくりでなんか関連がありそうです。

THURGA’SもSANLA TRADINGもパッケージがド派手で香りも強めでインド香に影響を受けているようですね。

マレーシアもインドやネパールみたいにお香が生活の一部になっているのでしょうか。行ってみて確かめたいですね。

ネパールではバスの中でもお香を焚いていて感心しました。

『SANLA TRADING』のモーニングデューをレビュー

マレーシア製の12本入り。雪山がプリントされたパッケージです。

薄紫の花も咲いていますね

破かずに開封できるパッケージ。1982年創業です

中の袋も封がされていない。

この赤い芯がどうも苦手です。毒々しく見えます。

火を着ける前の香りはキツイフローラル系で酸味があります。青い酸味というか、えぐみのある酸味ですね。

箱に入った状態でもめちゃくちゃ香ってきます。僕は好きではないですね。

火を着けると人工的なベリー系の香りが広がる。SANLA TRADINGのお香レビューで前にも書いたかもだけど人口ベリー系になりますね。

GONESHにありそうなベリー系の香り。似ています。GONESHより香りは弱い。

パッケージから香ってきた香りとは全然違う香りになるし思ってたよりも香りがつよくないというお香です。

火を着けたら悪くないんだけど着ける前が強烈なので僕は買わないですね。

ベリー系のお香ならGONESHがおススメです。

カットのご予約はこちらから

友だち追加
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です