お香レビュー『AUROSHIKHA』フランキンセンス

お香レビューです

今回はインドのお香ブランド『AUROSHIKHA AGARBATHIES』のフランキンセンスのお香をレビューします。

フランキンセンスって最近何か話題にでもなったんですかね?なんか人気ですよね。

日本でお香と言えば六角形パッケージの『HEM』とアメリカのブランドの『GONESH』が有名で人気ですよね。

今回レビューするインドの『AUROSHIKHA』は日本では見たことないし本場インドでも見なかったです。

あまり知られていないブランドなのでレビューしていきます。

ちなみにインドで一番人気のお香は『SATYA』のナグチャンパです。

インドのダラムサラマクロードガンジのお香売り場。SATYAのお香は沢山あるけどHEMは一個もない。てか一度も見かけなかった。輸出専用なのだろうか。

インドのお香ブランド『AUROSHIKHA』とは

南インドのポンディチェリーというところにある『シュリ・オーロビンドアシュラム』で作られているお香が『AUROSHIKHA』です。

『アシュラム』とは道場のこと。人々はアシュラムで瞑想したりヨガをしたりするのです。ビートルズがインドを訪れた時に滞在していたリシケシにあるアシュラムは現在『ビートルズアシュラム』と呼ばれていますね。

『シュリ・オーロビンドアシュラム』はコルカタ出身のシュリ・オーロビンド・ゴーシュによって建てられて現在はその弟子たちによって運営されています。

公式サイトによると『AUROSHAKHA』の売り上げは100%シュリ・オーロビンドアシュラムに提供されるそうです。

このアシュラムは一般にも公開されていて滞在もできるようなのでいつか行こうと思っています。

AUROSHIKHAは数あるインドのお香ブランドの中で唯一、国際香粧品香料協会(IFRA)に認定されていて高品質の原材料を使用しているお香みたいですね。素晴らしい!!

『AUROSHIKHA』のフランキンセンスをレビュー

インド製の10本入り。パッケージは香りで色が変わるけどデザインは全部同じ。

フランキンセンスはカボチャスープのような色合いですね。

フランキンセンス(乳香)とは

フランキンセンスは乳香やオリバナムとも呼ばれていて、樹液から作られる精油です。

『フランキンセンスの木』を傷つけ、出てきた樹液を蒸留してできた精油はアロマセラピーに使われます。

これがフランキンセンスの木。

『ボスウェリアサクラ』っていう名前で南アラビア、南アフリカ、インドに自生しています

想像より見た目がファンキーでした。

フランキンセンスの効果

イライラや不安などを解消する効果があり、精神を高めると言われているのでヨガや瞑想に使われます。

呼吸を整え深めるので免疫力を上げたり呼吸器系の改善にもなるそうです。

神経系にも作用して抗鬱や鎮痛作用もあります。

そしてアンチエイジング効果もあるらしいですね。

ここまで聞くとマルチな効果を発揮するスーパー精油ということがわかります。

「フランキンセンス」で検索すると「末期がんが完治した」とかまで出てくるので本当かはわからないけどなかなかありがたい香りという思い込みを持って焚きましょう。

芯が綺麗な緑色です。お洒落ですね。

火を着ける前の香りは清涼感があって爽やかです。

濃いスパイシーな香りは感じないです。

甘くもなく爽やかでウッディな香りですね。

火を着けると最初一瞬BBQの時の火を起こす時の香りがしました。楽しかった夏を思い出しました。

しばらくするとお焼香をもっとウッディにした香りが広がります。香ばしいようでいて爽やかな木を切っている時の爽やかさが香ります。

気だるい香りではなくフレッシュな香りで良いですね。掃除しながら焚いたりとか良いんじゃないでしょうか?

カットのご予約はこちらから

友だち追加
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です