お香レビュー『AUROSHIKHA』ナグチャンパ

お香レビューです

今回はインドのお香ブランド『AUROSHIKHA AGARBATHIES』のナグチャンパをレビューします

ナグチャンパのお香と言えば青いパッケージの『Satya』の製品が有名で世界的に人気ですね。

 

お香レビュー『Satya』サイババナグチャンパ サイババって何者?

『Satya』のナグチャンパはアフロで有名なサイババがプロデュースしたお香です。

サイババについてや『ナグチャンパ』ってどんな香りなのかについても上の記事で解説してますがもう一度『ナグチャンパ』って何?というのを解説します。

チャンパ、ナグチャンパとはインドオリジナルの香り

海外版ウィキペディアによると『ナグチャンパ』はインドオリジナルの香りで、プルメリアとサンダルウッドのブレンドとのこと。

ウィキペディアでプルメリアを調べてみたらこんな記述がありました。⇩

プルメリアはキョウチクトウ科インドソケイ属に属する植物の一般的な名称である。通常落葉樹で、花を付ける小灌木である。17世紀のフランス植物学者であるシャルル・プリュミエにちなんで名付けられている。

赤い花のプルメリア(Plumeria rubra=インドソケイ)はニカラグアの国花である。

インドでは、赤い花のプルメリアの香りを入れた香をチャンパと呼び、ナグ・チャンパなどがある。

チャンパとはプルメリアが入ったブレンド香ということなのです。

他のサイトには『ナグチャンパ』とはナグの花とチャンパの花のブレンド香とか書いてあったりするけどナグの花もチャンパの花も存在しません。

これをふまえて『AUROSHIKHA』ナグチャンパをレビューしていきます

『AUROSHIKHA』ナグチャンパをレビュー

10本入りのインド製。『AUROSHIKHA』のパッケージは香りで色が違うだけでデザインは全部同じですね。

日本では見かけない『AUROSHIKHA』とはどんなブランドなのか

インドのお香ブランド『AUROSHIKHA』とは

南インドのポンディチェリーというところにある『シュリ・オーロビンドアシュラム』で作られているお香が『AUROSHIKHA』です。

『アシュラム』とは道場のこと。人々はアシュラムで瞑想したりヨガをしたりするのです。ビートルズがインドを訪れた時に滞在していたリシケシにあるアシュラムは現在『ビートルズアシュラム』と呼ばれていますね。

『シュリ・オーロビンドアシュラム』はコルカタ出身のシュリ・オーロビンド・ゴーシュによって建てられて現在はその弟子たちによって運営されている。

公式サイトによると『AUROSHAKHA』の売り上げは100%シュリ・オーロビンドアシュラムに提供されるそうです。

このアシュラムは一般にも公開されていて滞在もできるようなのでいつか行こうと思います。

AUROSHIKHAは沢山あるインドのお香ブランドの中では唯一、国際香粧品香料協会(IFRA)に認定されていて、高品質の原材料を使用しているお香だそうです。

 

という原材料に拘りのあるブランドなので10本入りでもちょっと高いのですね。

オーロビンドアシュラムで作られていると書いてあります。

一般公開もされているみたいなので行ってみたいですね。

袋が無駄に2重になっています。過剰包装ですね。

色合いはドッグフードのよう。マサラタイプではないけどHEMとかの普通のに比べたら柔らかい。

火を着ける前の香りは『Satya』のナグチャンパほどカラメルというか駄菓子のコーララムネのような甘い香りはしないけど駄菓子のラムネ感はありますね。

シュワシュワしそうなラムネ感があります。甘ったるいのではなくて爽やかな感じ。

同じナグチャンパといってもSatyaのはマサラタイプといって半練りタイプなので砂糖のような甘ったるい暖かみのある柔らかい香りが特徴ですが、AUROSHIKHAのはちょい柔らかいけどSatyaみたいに粉まみれでもないので砂糖っぽさはあまりなさそうですね。

火を着けるとSatyaナグチャンパみたいな濃い甘さではなくてほんのりと甘いけど基本は普通の線香のような香りになった。

特徴があまりない。けど無難な香りですね。

ナグチャンパを買うなら僕はSatyaのを買います。やはり特徴がないとそのお香を使う意味が無い気がしますからね

カットのご予約はこちらから

友だち追加
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です