お香レビュー『Satya』ハリ・オーム

お香レビューです。

今回はインドのお香ブランド『Satya』のハリ・オーム

『Satya』は1964年創業の『Shrinivas Sugandhalaya社』の老舗ブランドでインドナンバーワンシェアを誇るお香ブランド。

日本でも人気の、雑貨屋などに売っている青いパッケージの『ナグチャンパ』や黒いパッケージの『スーパーヒット』もSatyaのお香です。

日本で見かけるSatyaのお香はだいたいこの二つですが、実はHEMと同じく沢山の香りがラインナップされています。

インドダラムサラマクロードガンジのお店に並ぶSatyaのお香。インドには沢山おいてあります。さすがインドナンバーワンシェアを誇るブランド。

インドの首都デリーのショッピングエリア『コンノートプレイス』にあるタバコとお香のお店。日本でこのようにお香を売っている店は見たこと無いです。みんなお香をまとめ買いしていました。インド人にとってお香はかかせない物なのですね。

インドは日本とあまりにも違いすぎてただ歩いているだけでも、列車に乗るだけでも笑ってしまうほどツッコミどっころだらけでした。

インド列車の最低車両「ジェネラル」でタージマハルへ。ガッカリスポットであった

お香が好きなら是非インドへ行ってください。呼んでいますよ。

そして列車は最低クラスの自由席車両である『ジェネラル』に乗りましょう。ツッコミどころ満載で楽しいです。

『Satya』ハリ・オームのレビュー

インド製の22本入り。普通のよりも多く入っています。

なんだか怪しい看板みたいなパッケージデザインですね。

粉たっぷりです。

マサラタイプのお香は香料の入ったオイルを練りこんで作る半練りタイプなのでこのように粉をつけないとくっついてしまうのです。タブという木の粉です。

これがマサラタイプのお香

火を着ける前の香りはやはり砂糖を焦がしたような甘い香り。マサラタイプはだいたいこんな香りです。

このカラメルのような香りにハマってしまう人が多いのです。

火を着けても焦がした砂糖のような重たくない甘い香りが漂う。

このお香の良いところは香りが気だるくないところ。甘いけど甘ったるくはなくて暖かみのある落ち着いた香り。

それでスパイシーさもないマイルドな香り。

ナグチャンパと同じような香りだけどナグチャンパよりビターさが無いです。

ベースになっているお香はコレ⇩

お香レビュー『Satya』サイババナグチャンパ サイババって何者?

カットのご予約はこちらから

友だち追加
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です