お香レビュー『Satya』トリシャー

お香レビューです。

今回はインドのお香ブランド『Satya』のTrishaa(トリシャー)

『Satya』は1964年創業の『Shrinivas Sugandhalaya社』の老舗ブランドでインドナンバーワンシェアを誇るお香ブランド。

日本でも人気の、雑貨屋などに売っている青いパッケージの『ナグチャンパ』や黒いパッケージの『スーパーヒット』もSatyaのお香です。

インドダラムサラマクロードガンジのお店に並ぶSatyaのお香。日本には『ナグチャンパ』と『スーパーヒット』くらいしかSatyaは置いていないけどインドには沢山おいてあります。インドナンバーワンシェアを誇るブランドです

インドの首都デリーのショッピングエリア『コンノートプレイス』にあるタバコとお香のお店。キオスクみたいな感じの店。みんなお香をまとめ買いしていました。インド人にとってお香はかかせない物なのですね。

インドは日本とあまりにも違いすぎてただ歩いているだけでも、列車に乗るだけでも笑ってしまうほどツッコミどっころだらけでした。

インド列車の最低車両「ジェネラル」でタージマハルへ。ガッカリスポットであった

お香が好きなら是非インドへ行ってください。呼んでいますよ。

そして列車は最低クラスの自由席車両である『ジェネラル』に乗りましょう。ツッコミどころ満載で楽しいです。

『Satya』トリシャーのレビュー

インド製の12本入り。カラフルなサイケデリックなデザインのパッケージです。

『トリシャー』とは人名なのでしょうか。調べても人の名前ばかり出てきます。

マサラタイプのお香。

火を着ける前の香りは駄菓子のコーララムネそのものです。

火を着けるとラムネ感はなくなり、マサラタイプ特有のカラメルっぽい香りが広がる。いや薄っすらコーララムネ感は残っているかも。

Satyaのお香は種類が沢山あっても特徴的な主張が強いお香は少ないですよね。これも火を着けたら他のとあまり大差はありません。

もっとコーララムネ感が残って欲しかったですが、Satyaのマサラタイプは甘くて、スパイシーなとげとげしさが無いので落ち着いた良い香りが多いです。どれも同じに感じるのなら『ナグチャンパ』を選んでおけば間違いないです。

お香レビュー『Satya』サイババナグチャンパ サイババって何者?

カットのご予約はこちらから

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です