お香レビュー『Satya』サーバン

お香レビューです。

今回はインドのお香ブランド『Satya』のサーバン

『Satya』は1964年創業の『Shrinivas Sugandhalaya社』の老舗ブランドでインドナンバーワンシェアを誇るお香ブランド。

日本でも人気の、雑貨屋などに売っている青いパッケージの『ナグチャンパ』や黒いパッケージの『スーパーヒット』もSatyaのお香です。

インドダラムサラマクロードガンジのお店に並ぶSatyaのお香。日本には『ナグチャンパ』と『スーパーヒット』くらいしかSatyaは置いていないけどインドには沢山おいてあります。でもHEMのお香は一回も見なかったです。輸出専用なのでしょう。

インドの首都デリーのショッピングエリア『コンノートプレイス』にあるタバコとお香のお店。キオスクみたいな感じの店。みんなお香をまとめ買いしていました。インド人にとってお香はかかせない物なのですね。

インドは日本とあまりにも違いすぎてただ歩いているだけでも、列車に乗るだけでも笑ってしまうほどツッコミどっころだらけでした。

インド列車の最低車両「ジェネラル」でタージマハルへ。ガッカリスポットであった

お香が好きなら是非インドへ行ってください。呼んでいますよ。

そして列車は最低クラスの自由席車両である『ジェネラル』に乗りましょう。面白地獄ですよ

『Satya』サーバンのレビュー

インド製の18本入り。

太陽とコーラを連想させるパッケージデザイン。

これもマサラタイプではなくドライなハードタイプのお香。

毎回書いてますが色合いがドッグフード。どの香りも見た目は同じです

火を着ける前の香りは甘酸っぱくて、少しボンドみたいな香りがする。ハードタイプは固めるために接着剤かなんか使ってるのですかね。

Satyaのハードタイプは全般的にさっぱりな傾向が。この『サーバン』もさっぱりな甘酸っぱい香り。

火を着けると甘酸っぱさがマイルドになりGONESH No8のようなベリーな香りが第一印象で感じられる。しばらくして広がってくる香りもNo8に似ている。

前回レビューしたSatyaのプレイヤーズもNo8っぽさがあったけどGONESHバニラの独特なクセに似た香りも感じられて好きではなかった。シンプルで良い香りが混ざるともったいないですよね。

でもこの『サーバン』はシンプルな甘酸っぱいフルーティーな香りで、No8ほど濃くはないけどスッキリしていてとても良い。

フルーティーなお香。

Satyaのハードタイプは煙が多くなくてスッキリしたのが多い。それが良さですね。

カットのご予約はこちらから

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です