お香レビュー『Satya』バレーオブローズ

お香レビューです。

今回はインドのお香ブランド『Satya』のバレーオブローズ

『Satya』は1964年創業の『Shrinivas Sugandhalaya社』の老舗ブランドでインドで一番人気のお香ブランド。

日本でも人気の、雑貨屋などに売っている青いパッケージの『ナグチャンパ』もSatyaのお香です。有名ですね。

インドのダラムサラマクロードガンジのお店の棚。Satyaのお香が沢山並んでいますね。

 

インド製の18本入り。

その名の通り、バラが描かれているパッケージです。

このお香は『マサラタイプ』という少しシットリしていて粉っぽいきなこ棒のようなお香。

この『バレーオブローズ』は同じSatyaでも『ナグチャンパ』とかよりもパッケージが大きくて入っている本数も多いです。

そしてより粉も多いです。中の袋にはこんなに溜まっていました。

『HEM』とかの普通のスティックタイプのお香よりも火が消えやすい。

火を着ける前の香りはHEMのチャンダンに似ている。Satyaのマサラタイプによくある『砂糖のようなカラメルのような香り』はしないです。

けばけばしくて派手な香り。名前の通りローズの香りもするけどそんな強くない。

火を着けるとHEMのチャンダンの怪しさをやわらげたような香りがする。似ている。

そしてローズ感は薄れる。マサラタイプのお香はどれも柔らかい香りで主張しすぎないのが良いですね。

気分によってHEMの派手な香りかSatyaのマイルドな暖かみのある香りを使い分けるのがおすすめです。

カットのご予約はこちらから

友だち追加
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です