お香レビュー『Satya』マントラム

お香レビューです

今回はインドのお香ブランド『Satya』のマントラム

『Satya』は1964年創業の『Shrinivas Sugandhalaya社』のブランドでインドで一番人気です

日本でも人気の青いパッケージのナグチャンパもSatyaです

インドのダラムサラマクロードガンジのお店んい並ぶSatyaのお香

この棚もSatyaばっかりです

インドでもSatyaのナグチャンパが一番人気なようです。

『Satya』マントラムのレビュー

インド製のマサラタイプのお香。13本入っている。

マサラタイプとは半練りタイプの粉っぽいお香。

側面

と側面

擦りガラスのような袋

きなこを着けたポッキーみたいなお香。これがマサラタイプ

火を着ける前の香りは花のような、おばあちゃんの家の化粧品棚のような香りがする。

けばけばしくない控え目な花の香り。仏壇にあるような花の香り。入浴剤とかとは違う少し甘い香り。

『樹脂系の香り』らしいがよくわからん。HEMのアンバーっぽさがあるかもしれない

火を着けるとお線香の香りとはまた違うけど和室に合う香りが広がる。

おばあちゃんの家を思いだす香り。めずらしく火を着ける前とあまり香りが変わらない。

花のようなほんのり甘い香り。控え目な花。仏壇の花。

『Satya』のお香はどれも自然な感じがする。この『マントラム』もとても自然な香り。

決して和の香りではないのだけれど和室が合う香り。

マクロードガンジからマナリへ ゲロ続出のローカルバス10時間の旅

カットのご予約はこちらから

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です