お香レビュー『Satya』ナチュラル 

お香レビューです

今回はインドのお香ブランド『Satya』のナチュラルというお香をレビューします

『Satya』は1964年創業のShrinivas Sugandhalaya社のお香ブランドです。

サイババがプロデュースして日本でも人気の青いパッケージのナグチャンパも『Satya』です

本場のインドで人気なのもSatyaのお香でした。

インドのダラムサラマクロードガンジにあったお店に並ぶSatyaのお香

一番人気なのは日本でもお馴染みの青いパッケージのナグチャンパだと言っていた。

インドではSatyaのお香は沢山並んでいるのを見たけどHEMのお香は一回も見かけなかった。

日本で売っているHEMのお香は輸出用なのでしょう。

インドダラムサラでの記事はコチラ⇩

バラナシからリシケシそしてダラムサラへ インドの列車はまじでうるさい

『Satya』ナチュラルのレビュー

10本入りのインド製

自然の中に大きな鳥が描かれています。

中央には神々しいような陽の光が。

『ナチュラル』という名前にふさわしいパッケージデザインです。

このパッケージの青い淵をよーく見てください。

ひたすら『SATYA NAGCHAMPA』と書かれています。ナグチャンパ愛が強すぎるのでしょう。

すりガラスのような袋に入った10本のお香

マサラタイプといって、きなこをまぶしたような半練りタイプのお香です。

火を着ける前の香りは旅館のテーブルに置いてあるちょっとしたお菓子のような香り。

ココアシガレットのような砂糖を少し焦がしたような香り

HEMのお香は全般的に香りが強くて人工的な感じがするのに対してSatyaは砂糖菓子のような柔らかい香りが多いです。

しかしSatyaも100%ナチュラルだとは言ってないので人口香料は使われています。

 

火を着けると砂糖を焦がしたような香りがつよくなって甘さも火を着ける前よりもなくなる。

Satyaのスーパーヒットよりも甘くなくやさしい香り。

インドの店先の香り。

インドでは路面店の店先の地面にお香を差して絶えず焚いている人が多い。

バスの中でさえ焚いている。

大体がこの『ナチュラル』のような香りでそんなに個性的な香りのお香を焚いている人は見かけなかった。

焦がしたような甘い香りのお香。

インドのダラムサラを思い出した

カットのご予約はこちらから

友だち追加
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です