お香レビュー「HEM」イランイランとイランイランの解説

お香レビューです

今回はインドHEM社のイランイランです

イランイランってどこかで耳にしたことあるけどなんなのかわからないって人は多いはず。

まずはイランイランとは?から書いていきます

イランイランとは?

イランイランノキという12メートルほどになる樹木のことです。

フィリピンやインドネシアなどが原産。

「イランイラン」とはタガログ語で「花の中の花」という意味です。

イランイランの香は昔から人々を魅了していて、インドネシアの新婚カップルのベッドにはイランイランの花が置かれるという風習があったり、あのシャネルNo.5にも香料として使われています。

イランイランにはグレードがあってグレードによって香りも異なり、最上級グレードのエクストラは濃厚で甘い香りです。

シャネルNo.5に使われているのもエクストラのイランイランです。

イランイランの効能

  • 心を落ち着けてくれるリラックス効果
  • 不眠に効く。睡眠改善
  • 官能的な感情を高めるロマンチックな効果
  • 副交感神経を優位にして血圧を下げる。高血圧改善
  • 女性ホルモンのバランスを整える
  • スキンケアに使うと皮脂の調整になる

など沢山の効能があるのです

エクストラのイランイランはエッセンシャルオイルでも売っているので気軽に体感することができます

「HEM」イランイランのレビュー

官能的な色合いのパッケージ。

桜にも見える。

イランイランの花の色からは想像できないパッケージ。

中袋は駄菓子のコーララムネのようだ。

HEMにしては形が整っているほう

火を着ける前の香りはおばさんっぽいホコリっぽい甘い香り。

いや、こんな香りのおばさんがいるかは知らないけれどヘアトニックがジジ臭かったりするのと同じでおばさんっぽいと感じる人は多いはず。

火を着けると甘い濃厚な香りが。

しかしおばさんっぽさも残る。花の香りのお香って粉っぽい化粧品のような香りがするものが多い。

そして仏壇の花の香りもする。

濃厚な甘さで化粧品っぽく、本物の花の香りでもある。

お花大好きな人や生け花の香りが好きな人は癒される香りです。

バニラとかココナッツの甘さが好きな人は苦手ではないですかね。

もう少しすっきり爽やかな花の香りのお香が欲しいですね僕は。

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です