お香レビュー「GONESH」No.8

お香レビューです

今回はアメリカのお香ブランド「GONESH」のNo.8です

GONESHは日本でも人気のお香ブランド。

第一次世界大戦後の1923年にヒンズーインセンスカンパニーという小さなお香会社からスタート。

1960年代にGENIECO社に社名を変更。そして1965年にお香ブランド「GONESH」が誕生した。

ブランド名はインドの学問と金運の神「ガネーシャ」からつけられた。使う人に幸運が訪れるようにということらしい。

アメリカでの70年代ヒッピームーブメントで「GONESH」のお香が若者の間で人気になるということが起きて、今もなお絶大な人気を誇る。そんなお香ブランドです。

こんな歴史があるブランドです。

ブランド名にもなっているガネーシャについて知りたい方はコチラをどうぞ⇩

お香レビュー「HEM」ガネーシャ とガネーシャの頭が象の理由

「GONESH」No.8のレビュー

20本入りで400円くらい。アメリカ製

名前の由来になっているヒンドゥー教の神様「ガネーシャ」がいます。

中の袋は安っぽい。

火を着ける前から強い甘い香りがしています。

GONESHのお香は1本1本の形と太さが均一なので煙の量のばらつきが無いです。HEMとかのインド香よりも煙は少ない。そして燃焼時間が長い。

このNo.8がGONESHの中で一番人気で古着屋で焚かれていたりするようです。

PERFUMES OF A SPRING MISTという香りだそうです。

春の霧ですか、、花粉が飛んでいないと良いですね

この香りはお香以外にも車用芳香剤や柔軟剤、エアーフレッシュナーとか沢山の製品に使われています。

それだけ人気があるということなのですね。

 

火を着けると甘くて、けれど甘ったるくなく爽やかさもある香り

古着屋っぽいと言われればそんな気がする。

フルーツとか花とかの甘い香りっていうよりも人口的なシロップのような甘さの香り。

人工的だから香りも強い。服にもすぐに香りが着きますね

GONESHのバニラを前にレビューしたけどバニラは甲殻類感が強すぎてダメだった。

本当にバニラなのこれ?ってくらいの気持ち悪い香り。

でもNo.8は人工的だけど好きな香りです。

柔軟剤の香りとか雑貨屋の香りが好きな人は是非。お得な100本入りもありますよ笑

カットのご予約はこちらから

友だち追加
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です