お香レビュー『DEWI BULAN』セルダラマデュ香 バリのお香

お香レビューです。

今回はバリ島のお香ブランド『DEWI BULAN』のセルダラマデュ香をレビューします。

お香は世界各地で使われていて国によって様々な特徴があります。インド香は香り強め主張強めだけどチベタンインセンスはナチュラルでインド香みたいにオイルを使っていないので香りも弱い。バリ島のお香は『バリナチュラル』みたいに芯が太くて香りも弱めなナチュラル志向。

今回レビューするDEWI BULANもバリ島のお香ですがパッケージデザインはまんまインドです。箱から香ってくる主張の強さもインド香並み。

DEWI BULANのオーナーはインド香に影響を受けているらしいが本当にそうなのでしょう。

セルダラマデュ香のパッケージにはヒンドゥー教の神ガネーシャが描かれてます。

ちなみにバリ島があるインドネシアの宗教割合は約87%がイスラム教、約7%がキリスト教プロテスタント、カトリックが3%、ヒンドゥー教は約2%です。仏教は1%

『DEWI BULAN』セルダラマデュ香をレビュー

おそらくバリ製の10本入り。パッケージの大きさからは想像できない本数の中身。

スカスカで間引きされているのかと思うくらいです。

10本は少ない。

芯がかなり細いのが特徴。同じバリ島のお香のバリナチュラルはこれの3倍くらいあります。

HEMよりも細いです。

芯が赤く染められていて黒い部分にはキラキラした素材がつけられている。派手好きなブランドです。

火を着ける前の香りはこれまたフローラル系なのですが特徴を挙げるならドライフルーツのプルーンのような甘酸っぱい香りも感じられます。DEWI BULANのお香はどれもフローラル系で同じような香りだけど少し違いはありますね。

でもそんなに言うほどの違いでもないです。やっぱり同じような香りです。フローラルの香りの洗剤みたいです。

バリナチュラルとは対照的にナチュラルさは微塵なく人口的な香り。毎回書くけど心地よい香りではなく頭痛がしそうな香り。

でも驚くことに火を着けるとめちゃくちゃ心地よい香りでした。

フローラルな香りでもなくDEWI BULANによくあるGONESHの劣化版のような香りでもない。

ほんのり甘くて香りも強すぎずススっぽさもない。特徴的な香りではないけどとにかく心地よくてちょうどいい煙です。

日本のお線香を甘くして煙たさを減らした感じです。甘ったるいのではなくほんのり甘い。

どっちかといったらGONESHとかのベリー系の甘さかも。

DEWI BULANのお香ではレビューした中では1番良いですね。

カットのご予約はこちらから

友だち追加
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です