お香レビュー『チベタンインセンス』サンダルウッド

お香レビュー

今回は1年前にネパールで購入してレビューもしているはずのサンダルウッドのチベタンインセンスをレビューします。

というのも、ネパールの首都カトマンズにあるチベット寺院に併設されているクリニックでは薬としてチベタンインセンスが処方されているという話を聞いたからです。

お香が薬として使われている、しかも医師が処方しているというのが面白いなと。チベタンインセンスに興味が出てきました。

そのお香はAgar31と呼ばれていて現地では気を安らげる時や就寝前に使われているそうです。

10月にネパールへ行くのでその寺院とクリニックへも行ってきます。

カトマンズタメル地区で買った『チベタンインセンス』のサンダルウッドをレビュー

ネパール首都カトマンズの安宿や安い飯屋が集まっていて旅人が集まるエリア『タメル』にあったお香専門店で購入した。

そのお店は椅子を出してくれて座りながら色んなお香の香りを試せる。わざわざ新品を開封して半分に折って火を着けてくれるなど親切で商売熱心だった。

ブランド名はわからない。

伝統的手法で作られているチベタンインセンス。インド香と違ってエッセンシャルオイルを染みこませていないから香りはナチュラル。

レッドサンダルウッドとホワイトサンダルウッドを使っている。

薬として処方されているチベタンインセンス『Agar31』はケミカル一切無しで天然のサンダルウッドを使っている。なのでこのお香も天然の白檀を使っているのだと思う。

赤い紐でまとめられてる。パッケージがなくてシンプルすぎるくらいの見た目が良い。無駄な物を使わないというチベタンスピリッツを感じる。

表面はザラザラしていてコルクボードの断面みたいな感触。オイルを含んでいないから乾燥している。

火を着ける前はインド香みたいに香料の香りはしてこない。素材の香りがする。

小学校の美術準備室のような練りゴムのような、古い画用紙のような香り。

火を着けるとインド香と比べて煙は少ない。香りも弱め。

HEMとかのサンダル系のお香とは全く違う香りでほのかに木が燃えているような焦げっぽい香りと夏を思い出すような蚊取り線香に似た香り。

このブログでレビューしたチベタンインセンスは正直どれも同じ香りでどれも蚊取り線香のような香りがします。僕は夏好きで蚊取り線香の香りでノスタルジーを感じるので好きですね。リラックスできます。

インド香みたいに主張は強くないですがナチュラル志向になってきたらチベタンインセンスはおススメです。ヨガをやる人とかに向いていると思います。

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です