お香レビュー『Lama Chodpa』環境浄化その2 100%ナチュラルのチベタンインセンス

お香レビューです。

今回は1年前にレビューしているけど再びチベタンインセンスのブランド『Lama Chodpa』の環境浄化香をレビューします。

なぜ再びやるのかというとコテコテのインド香ばっかやっていてナチュラルなお香を使いたいと思ったのと、ネパールの首都カトマンズにある寺院に併設されているクリニックではお香が処方されていてそれはヒマラヤのハーブとかから作られる100%ナチュラルのお香であるということを知ったから。

お香が薬として処方されているなんて面白くないですか?

そのお香の名前は『AGAR31』というらしい。

それを知った時に「前にヒマラヤ産のハーブから作った100%ナチュラルのお香をレビューしたなあ、、」と思い出したのが『Lama Chodpa』です。

なので再びレビューします。1年前と全然違う感想になっていたらごめんなさい。

そして10月にネパールへ行くのでカトマンズの寺院とクリニックへも行ってこようと思います。

チベット人に伝わる古くからある伝統的な手法で作られる100%ナチュラルお香『チベタンインセンス』

インド香のレビュー記事などでは「安いインド香は合成香料がほとんどだ」とか、「天然の白檀は高価だから安いお香には使われていない」とか書きましたが前述した『クリニックで処方されるお香』には天然の白檀が使われています。

これは知らなかったですね。面白いです。香料コテコテのインド香もいいですがナチュラル派の僕はナチュラルなお香を欲します。現地で作られている風景等写真撮ってこようと思います。

『Lama Chodpa』ブランド解説をします。

このブランドは、チベット人に伝わる伝統的な手法によって100%ナチュラル素材で手作業で作られるお香。31種類のハーブが使われていて、そのハーブもチベット人たちが自分たちで育てたものを使っているこだわりのブランド。

さらに筒状のパッケージには再生紙が使われていたりするなど、環境にも配慮しています。

そんなチベタンスピリッツが込められたお香なんです。

チベタンインセンス『Lama Chodpa』の環境浄化を焚いてみた

インド香とは全然違うシンプルパッケージ。

このブランドはショートサイズとロングサイズがあってこれはショートです。チベタンインセンスという名前ですが作られているのはインド。

購入場所はインドの北の方の街『ダラムサラ』

ダラムサラにはチベット亡命政府があってチベットの君主であったダライラマ14世が住んでいる。

そのためダラムサラにはチベット人が多く住んでいてチベット仏教の寺院もあるしチベット料理屋も沢山ある。

なのでチベタンインセンスも沢山売っている。

ダラムサラのお香売り場。SATYAのお香とそれ以外はチベタンインセンスが沢山。もっと買って来ればよかった。

HEM等の安いインド香には絶対に無い表記。100%ナチュラル。

材料のハーブも自分たちで育てているという素晴らしいお香。

ビニールは一切使われていない。

お香は乾燥していて触っても全く粉っぽくない。建築で使われる『ノボパン』っていうカベとかの材料があるんだけどそれの断面に似ている。

紙っぽい感じ。

香りはインド香みたいに強くない。むしろあんまりしない。

強いて言うなら小学校の美術準備室の香り。絵具とかネリケシとかの香り。

美術準備室に置いてあった古い画用紙の香り。

火を着けても最初はあまり煙が出ない。消えてる?と思うくらい

だけど徐々に煙は強くなってくる。それでもインド香よりは弱い。

お焼香の香りにすごく似ている。あと蚊取り線香にもにている。

インド香みたいに香料の主張が強くないけどお寺のようなのんびりできる眠くなりそうな香りがする。

ヒマラヤのハーブを使っているということだけどハーブ感は感じない。お寺の香りです。

このブランドのポリシーはすごくいいと思うしパッケージとか中に入っている説明書きとかすごく親切。

ナチュラル派にはおすすめだけどインド香とかGONESH使っている人からしたら物足りなさすぎると思う。お寺の香りしかしないから。

『Lama Chodpa』にも色んな種類があるみたいだからまた買ってこようと思う。

カットのご予約はこちらから

友だち追加
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です