間違えて買った砂糖入り緑茶が思ってたよりイケる。世界的には緑茶は甘かった

ナマステ

僕は甘い飲み物が嫌いです。

なんかねちょねちょするじゃないですか。しますよね?

ゆえにコーヒーブラックや紅茶ストレート、ウーロン茶が好きです。

この間ネパールインドへ行っていた時は大変な砂糖地獄でした。

コーヒーブラック!!と言っても出てくるのは黒い砂糖水か激甘のチャイ

いや、コーヒー頼んでるのになんでチャイなんだ。

 

チャイといえば、インド北部のヒッピーの集まる街マナリの道端で出会ったおっさんが作ってくれたのだけれど、野ざらしのバケツの水を使い砂糖をこれでもかと投入していた。

その時の記事⇩

マナリのヴァシシュトでおっさんの家を訪問し床板並べを手伝い、サイババのポスターを貼った

砂糖は体温を下げるから暑い国の人たちは大量に消費しているのですね。

でも僕は冷え性なので必要無いのです。

タージマハルでおなじみのアーグラーで人気のお土産は喉がやけそうな甘さでした笑⇩

インドのアーグラー名物「ペーター」って知ってますか?

緑茶に砂糖を入れる文化

ヒモジイゆえに、量の多さと安さに釣られて買ったこのミドリのコナ。

表だけ見たら爽やかさがほとばしる美味しそうなグリーンティー。

 

しかし裏を見れば、

宇治抹茶とグラニュー糖をブレンドしました(^^♪

しかもグラニュー糖の方が多いじゃないですか。

こんなの甘いだけの池の淵らへんの緑の上澄みにしか思えない。ありえない

日本以外では緑茶に砂糖は日常

アメリカに行った時にウォルマートでは砂糖入りの緑茶しか無かった。

アリゾナっていう名前の薄緑の缶の甘い甘い緑茶

アメリカ人はこれが大好きらしい。アメリカで緑茶と言えばこの激甘のアリゾナ。

公式ではこの激甘飲料が美容と健康に良いと言っております。以下引用

アリゾナティーのベストセラー。
緑茶に朝鮮人参やハチミツを加え、毎日の美容と健康を気遣いました。
人工甘味料は使用していません。美味しさだけでは物足りないあなたに。
ターコイズグリーンの美しいボトルデザインはオリエンタル調。
西洋からやってきた東洋フェイスです。

人口でなくても砂糖の量ヤバいでしょう

中国でも緑茶に砂糖なしはありえないらしい。もちろんその他のアジアでも同じ。

世界的には緑茶は甘いものなのです

思ってたよりイケた砂糖入り緑茶。でもやはり不快感がある

僕ら日本人には甘くないありのままの緑茶が馴染んでいるので多くの人が甘い緑茶と聞いたら「ありえない!」と言うでしょう。

今回は完全にパケ買いして騙されたので仕方なくだけど飲む機会が巡ってきた。

 

飲んでみた結果、あれ、和菓子テイストで不味くはない。

手元にあればなんとなく飲んでしまうけどもう買うことは無い。

やはりねちょねちょします。不快感やばいです。

甘い緑茶を未体験なら是非本場のアリゾナを試してください。以外とイケてハマるかもしれませんよ。

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です